冷やしラーメンは山形発祥、至高の10店等

<スポンサーリンク>
冷やしラーメンは山形発祥、至高の10店等

山形県は「冷やしラーメン」発祥の地であると同時に、日本一の県民1人辺りの「ラーメン」消費量を誇ります。

日本全国で有名なのは、「冷やしラーメン」だと思いますが、山形独自のラーメンは沢山有り、「米沢」「酒田」等の地域ラーメン、「冷たい肉そば」「赤湯からみそ」「とりもつ」「アスパラ」等の変わり種もラーメン通の中でも有名です。

 

冷やしラーメンの祖山形の「栄屋本店」

本当の「冷やしラーメン」を知りたいのであれば、発祥の店「栄屋本店」を堪能したい所だと思います。

お客様の要望をもとに、昭和27年に店に並び、現在でも並ばなければならない日も多いと言われている「定番中の定番」とも言える人気です。

 

もし、本物の「冷やしラーメン」を食べたい場合は、「山形県山形市本町2丁目3ー21に有り、昼の11時半から夜の8時頃まで営業されていますし、「JR山形駅」から徒歩数分以内で行ける気軽さも嬉しいです。

10月から翌3月18日迄の期間は、夜の7時半で30分早く閉まってしまう事と、定休日は水曜日ですので、忘れないようにしたいですね。

 

確かに、本場の味を完全に再現する事は不可能ですが、大手通販サイト等で「山形栄屋本店」の「冷やしラーメン」が販売されていますし、「元祖 冷やしラーメンの店 栄屋本店」の公式サイトでも購入する事が可能です。

 

山形「栄屋本店」の冷やしラーメンの魅力

「栄屋本店」の冷やしラーメンを通販で注文する場合、「メンマ」「麺」「スープ」等しか付属していませんので、山形の栄屋本店が「冷やしラーメン」一本で勝負しているかのように誤解されてしまいがちですが、大きく分けて「夏」と「冬」でメニューが大きく変わっています。

「夏」や「冬」の各メニューと言っても、沢山種類が有りますので、2人で「夏」や「冬」に数回通った位では制覇出来ませんし、ベースとなるスープ自体が違いますので、根強いリピーターが多いのも納得です。

 

「栄屋本店」以外の山形冷やしラーメン10店

「さかい」(山形市本町1−7−34)

「鬼がらし本店」(山形市南原町3丁目9−38)

「修ちゃんラーメン山形駅前本店」(山形市香澄町1−4−8)

 

「かまた食堂」(米沢市通町2−13−43)

「麺屋ぐらんふぁ」(山形市香澄町2丁目2−20)

「龍園」(天童市大字奈良沢237−1)

「特一番」(山形市宮町5−12−45)

 

「すがい」(東置賜郡高畠町大字元和田1273)

「いろは本店」(西村山郡河北町谷地中央2−1−15)

「やまとや」(米沢市城南3−3−33)

そして、「栄屋本店」の分店「山辺栄屋支店」は不動の人気で、東村山郡山辺町山辺1228−1に有ります。

 

冷やしラーメンは北海道の定番?他との違い」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ