アルファ米とは?食べ方と「まずい」と感じる理由

<スポンサーリンク>
アルファ米とは?食べ方と「まずい」と感じる理由

「アルファ米」は、最近連続して起きる「地震」「津波」等の天災や「異常気象」「台風」等で被災してしまった場合の非常食として注目されているお米を使用した保存食の一種です。

「賞味期限」が5年以上と長く、災害時の非常食として優秀だと言われていますし、何よりも製品状態のままでしたら、軽くて「場所を取らない」事が人気の理由だと言えると思います。

 

実際に防災グッズ等を購入したり、自分で揃えようとした場合、想像以上に大きくて重い荷物になりますので、被災時に必要な体力等を考えた場合、少しでも軽くて場所を取らないのでしたら、それに越した事は無いと思います。

当記事では、アルファ米についてと食べ方や満腹感、実際に食べて「まずい」のかについて説明させて頂きます。

 

アルファ米とは?

「生米」の状態では「ベータデンプン」と呼ばれる状態ですが、「炊く」事によって「アルファデンプン」に変化します。

もちろん、「炊いた米」そのものが長期保存出来る筈は有りませんので、専用の設備等によって「急激に乾燥」させた物が、「アルファ米」と呼ばれる物で、「即席米」と呼ばれる場合も有ります。

 

私達が「炊いた米」を乾燥させると「ベータデンプン」に戻ってしまいますが、「高温加圧」もしくは「高温減圧」する事によって、水分含有率を1桁以下にする事によってはじめて可能となります。

ちなみに、大昔から存在する「干し飯(ほしいい)」「糒(ほしい)」は、炊いた米をさっと水で洗い、天日干しにした物です。

 

アルファ米の食べ方と満腹感

どこのアルファ米の食べ方も「水またはお湯を入れて決められた時間待つ」事には変わり無いと思いますが、お湯を入れてから15分必要なタイプと20分必要なタイプが存在すると思います。

水を入れた場合は、60分前後必要な場合が多いのですが、被災している場合に、そんな事を意識している余裕は無いように感じます。

 

ちなみに、市販されているアルファ米は、水またはお湯で戻した場合、260g前後有りますので、ダイエットや肥満を気にされている方でしたら、「お茶碗2杯分」近く有るとも言えます。

少し分かりにくい場合は、「生米1合(約180g)」を炊くと330g近くのご飯が炊きあがりますので、少食気味の方からすれば、けっこうな量が有ると思います。

 

アルファ米はまずい?最近の流れ

「アルファ化させた米」を販売している会社も数社有り、当然「うまい」「まずい」が有り、一番多いのは「パサつき」だと言われています。

もちろん、アルファ米に限らず、個人の主観や好みが強く出ますので、どの会社がまずいと断言する事は出来ないと思います。

 

基本的に国産「アルファ米」であれば、非常食としては申し分は無いと言われていますが、最近では、「牛飯」「ドライカレー」「梅じゃこご飯」等、「まずい」イメージを十分に払拭出来るラインナップを多数増やしている会社が大半です。

最近では、アルファ米を「海外旅行」や「海外出張」、「アウトドアブログ」等に持って行かれる方も多く、まずいと言う意見は少なく感じます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ