いかなごのくぎ煮に釘を入れる理由と実際の話

<スポンサーリンク>
いかなごのくぎ煮に釘を入れる理由と実際の話

いかなごのくぎ煮は、神戸の「須磨(すま)」や「垂水(たるみ)」等の港町周辺では有名なお惣菜の一つで、鮮度の良い生の「いかなご」で作る事が「美味しさの秘訣」と言われています。

神戸の港町周辺では、2月後半から3月上旬に行われる「いかなご」漁が解禁される事を毎年楽しみにされている方も多く、一昔前でしたら、解禁後は各家庭の台所近くから「くぎ煮」の香りがしてくるとも言われています。

 

水飴を加えたり、はちみつを加えたり、黒糖を加えたりと、その家庭によって沢山のオリジナルレシピが存在するのも面白いです。

また、最近では、いかなごのくぎ煮をアレンジして、和風ポテトサラダに加えたり、お焼きに加えたり、和物に加えたり等をされる方も増えています。

 

煮物に釘を入れる理由

いかなごでは無く、「黒豆」を居る時は、「鉄鍋」で煮たり、「鉄のサプリメント」「鉄釘」等の「鉄」もしくは「鉄分」を加える事によって、黒豆が黒豆らしい仕上がりになり、美しい黒色に煮えます。

もし、黒豆を煮る場合に「鉄」や「鉄分」を加えなかった場合、黒豆が「赤茶色」になります。

 

それが、いかなごのくぎ煮と混同されてしまったらしく、いかなごのくぎ煮に「釘」を入れると言う誤解が生じたと言われています。

実際、いかなごのくぎ煮に、鉄釘を入れて煮たからと言って仕上がりが変わる事は有りません。

 

ただ、日頃から鉄分が不足しているのでしたら、鉄釘や鉄サプリメントを加えてみても良いとは思いますし、いかなごのくぎ煮に限らず、「鉄鍋」で調理する事を意識すれば、全く摂取しないよりは、鉄分を摂取する事が出来ると思います。

 

結論を言わせて頂きますと、いかなごのくぎ煮に釘を入れるのは、「間違い」です。

 

くぎ煮に釘を入れると勘違いされた経緯

最近はあまり見なくなって来ましたが、工事現場跡や道端等で、「鉄の釘」が錆びて「くの字」に折れ曲がって落ちているのを見た事が有ると思います。

いかなごに限らず、「醤油」「味醂」「砂糖」「生姜」で煮た場合、煮詰まって来ると濃い赤茶色になり、「いかなご」等は「くの字」に折れ曲る場合が有ると思います。

 

その様子がくの字に折れ曲がって赤茶色く錆びた釘を連想させてくれますので、「くぎ煮」と呼ばれるようになりました。

正式な記録等は残っていないとされていますが、「釘似」と書かれていた場合も有ったと言われています。

 

わらびのあく抜きが失敗する理由と対処法」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ