米に虫がわいたらどうする?原因と対処法を徹底解説!種類はこの2種

何も無い米から虫がわいてしまった時、パニックになりますよね。米は高価な物ですし、私達日本人が健康的に生きる為に必要不可欠な食材の一つだと言えますからね。

ただ、米粒から突然虫がわくと言う事はありえません。どこかしらの侵入経路から米びつなどの米を保存している場所に虫が侵入しない限り、米に虫がわくと言う事はありませんからね。

 

ちなみに、大量に虫がわいた米を食べる人は居ないと思いますが、人体に対して夕方な成分などは、虫には含まれていないと言われています。

ですが、糞は不衛生な物ですし、虫自体も食用ではありません。また、アレルギー等が起きてしまう可能性もゼロではありません。

 

食べても大丈夫ですが、自己責任でお願い致します。簡単な確認方法ですが、虫が食べた米は穴が空きますので、米を水につけた時に浮かびます。

この時、虫の死骸や生きた虫、糞などのゴミは浮いたりしますので、注意しながら浮いたゴミや米を捨てていきましょう。何かあったら嫌ですからね。

 

米に虫がわいたら?対策と対処法

結論から言ってしまうと、米を大量に購入せずに使い切れる分をこまめに購入するようにすれば、米に虫がわく事は有りません。

私も5キロ位の量でマメに使い切りますし、真空パックの米を買い、袋を開けてしまった後は、2リットルのペットボトルに入れて涼しい陰になる場所や冷蔵庫で保存しておく方法はオススメです。この保存方法で今まで私は虫がわいた事がありません。

 

「ノシメマダラメイガ」と「コクゾウムシ」が日本の米にわく虫ですが、密閉されたり、冷蔵庫のような低温の環境だと上手く生きられません。風通しが悪く高温多湿な場所を好みます。

一番活性化する温度が20度前後だと言われていて、冷蔵庫の温度帯だと卵から孵化する事自体が出来ません。

 

気温が18度以下になると活動出来なくなり、5度以下だと繁殖も出来なくなります。高温にも弱く、33度以上でも繁殖が出来ないと言われています。

「冷凍庫の方が良いのかな〜?」と思うかも知れませんが、冷蔵庫でも十分に対策としては有効だと言われています。

 

最近流行りの「無農薬」系や個人農家が販売している米は、どうしても、虫が産卵してしまっている可能性が高くなってしまいがちです。

個人的には、2リットルのペットボトル等で十分だと思いますが、専用の物が欲しい場合は、密閉出来る米ストッカーを購入し、冷蔵庫に入れておくのが対策としては有効ですね。

 

他には、「乾燥唐辛子」が対処法として有名ですが、「ノシメマダラメイガ」の幼虫はトウガラシを食べる事があると言われています。入れる場合は、米5キロに対して3〜4本で十分な効果が得られるとは言われています。

米びつ用の防虫剤や虫よけも販売されていますので、冷蔵庫で保管したり、密閉容器が用意出来ない場合位は、試してみるのも一つだと思います。

 

米に虫がわく原因は?冷蔵庫なら大丈夫なの?

ほぼ、「ノシメマダラメイガ」と「コクゾウムシ」が、日本の米にわく虫ですが、米を購入する前から産卵されていたか?購入後の保存段階で産卵されたか?になります。

ただ、特に最近は、農薬を使用するのが当たり前ですので、一般的に市販されている米には産卵されていたり、虫が混入されている可能性は低いです。

 

ですので、「無農薬」やこだわり製法などで販売されている米以外は、購入してから産卵された。と考えるのが普通です。

どちらの虫も、20度前後の常温で風通しが悪く、日陰で高温多湿を好みますので、湿度などがこもりやすく、通気性の悪い米びつ等は狙われやすいです。

 

「ノシメマダラメイガ」と「コクゾウムシ」は、小さく飛行して確実に家に侵入して米を探し出しますので、繁殖出来ない環境で米を守るのが正解かな?と個人的には思います。

「ノシメマダラメイガ」は、一回の産卵で数百以上は産卵すると言われています。幼虫時は米を食い荒らす位でしたが、蛹の状態になると周囲の米を巻き込むような状態で蛹化して行きます。

 

米を使う時に、米を巻き込んだような蛹を発見してしまった場合は、これ以上の繁殖を防ぐ為にも、ペットボトル等の密閉容器に米を移し替え、冷蔵保存した方が良いですね。

蛹から成長した後は、画像のような1センチ以下の蛾が家の中を飛び回り、他の産卵場所を探し回るようになってしまいます。

 

また、「コクゾウムシ」の成虫には羽があり、飛行する事が出来ますので、米を求めて移動し、一度米を見つけると大増殖してしまいます。寿命は100日から200日程度ですが、その間に200個前後は産卵すると言われています。

大量に発生してしまうのも納得ですね。

 

米にわく虫の種類って?蛾の幼虫って本当なの?

米にわく虫の種類は、「ノシメマダラメイガ」と言う蛾の一種と「コクゾウムシ」と言うゾウムシの一種が大半です。

下の画像は、ウィキペディアの「ノシメマダラメイガ」の画像を引用しましたが、7ミリ程度しか無い小型の蛾です。

当然、蛾が米を食いつぶす訳では無く、「ノシメマダラメイガ」が米に産卵し、白い幼虫が米を栄養にして成虫になります。「コクゾウムシ」同様に米を食い荒らすのは幼虫で白くて分かりにくい。

黒っぽい糞や蛾になった時に発見出来る事が多いのですが、「時すでに遅し」と言う感じです。

 

ですので、予防やこれ以上の繁殖を防ぐ事が大切ですね。「ノシメマダラメイガ」の「ノシメ」は着物の「熨斗目」から来ています。言われてみると、何となく、着物にこんな柄があるように思えて来ますね。

米を好んで狙いますが、「チョコレート」「唐辛子」「豆」「小麦粉」も食べると言われていいます。更に、ジャンク系のスナックも好きと言われていますね。

 

「えっ?ちょっと待って、米の虫除けに唐辛子系の商品ってあるやん?」と思いますが、唐辛子の「テルペノイド系化合物」を利用した物で、有効的だと言われているので安心して下さい。

「コクゾウムシ」は、日本人との歴史が古く、古くは縄文時代の後期、穀物栽培が始まった頃からの長い付き合いです。それ位大昔から、日本人が一生懸命耕した米を食い荒らしていると言う訳です。

 

画像は下の画像で、「確かにゾウだ。」と思わせる顔です。全長は、2〜3ミリ程度の大きさしかありませんので、かなり目が良くないと、「黒いゴマみたいな点」としか見えないと思います。私は視力が悪いので無理ゲーに近いですね。

 

このゾウみたいな部分は重要な役割があり、この部分で穴を開けて産卵します。

 

精米に虫が居る場合、どうしたらいいの?

米に虫が居たとしても、全部洗って食べる訳にも行かない時ってありますよね。「折角頂いたお米なのに勿体ない…でも、こんなに一気に食べれない…」ありますよね。

こんな時は、天気が良く乾燥している日に米を天日干しにし、虫を捨てて行く方法が効果的です。もちろん、天日に当てて精米が乾燥する程度で良いです。半日も天日干してしまうと、乾燥が原因で米が割れてしまいますからね。

 

天日干しの時間は、その時の気温などにもよりますが、2〜3時間位あれば良いと言われています。

乾燥や日光に弱く、風通しが良い所が苦手な虫ですので、途中で米を混ぜてまんべんなく日光などが当たるようになれば、十分な効果を得られる筈です。

 

気になる虫を取り除いた後は、気密性が高いに入れて冷蔵庫などで保存するようにしたいですね。