シールの剥がし方「代用とベタベタ跡の対処法」

「シール」の「のり部分」は「粘着剤」と呼ばれ、大きく分けて「アクリル系」「ゴム系」の2種類が存在し、「お菓子のおまけ」や「デコシール」等は、「ゴム系」が主流です。

より分かりやすく説明させて頂きますと、「ゴム系粘着剤」を使用したシールは、比較的安い物に使用されており、「アクリル系粘着剤」を使用したシールは、車の「ドルフィンアンテナ」等のドレスアップパーツに使用される事が多く、比較的高い物に使用されます。

 

「ゴム系粘着剤」を使用したシールの剥がし方で簡単かつ確実なのは、「熱を加える方法」「酢を使う方法」「油分を加える方法」「界面活性剤を使用する方法」等です。

当記事では、「シール剥がし」の「代用品や代用法」、「剥がし跡のベタベタの取り除き方」について説明させて頂きます。

 

シール剥がし方「代用品と代用法」について

先ほど、触れさせて頂いた、「熱」「酢」「油分」「界面活性剤」について少しだけ補足させて頂きます。

このどの用法にも共通している事は、「出来るだけゆっくりと慎重に剥がす」事です。

 

状況にもよりますが、焦ると「ベタベタ」を残してしまい、「ベタベタ」を取り除く時間を考えると、「急がば回れ」を意識すると上手く綺麗に剥がす事が出来ると思います。

 

熱を加えて剥がす方法

シールを貼った土台になる物の素材にもよりますが、タオル等を被せた上から「熱湯」をかけて剥がす方法や、「ドライヤー」の熱を利用して剥がす方法等が有ります。

シールに使用されている「粘着剤」の強さは、ある程度以上になると「温度に比例する」事を覚えておくと想像し易いと思います。

 

酢を使用して剥がす方法

一般的に「酢」と言うと、料理に使用する「穀物酢」や「すし酢」等が自宅に有ると思いますが、「粘着剤」にしっかりと浸透させる事によって剥がす事も可能です。

もし、数回で綺麗に剥がれないようでしたら、剥がれた部分を取り除き、根気良く行うと上手く剥がれる場合が多いです。

 

ただ、先ほどの「熱」を使用してシールを剥がす方法とは違い、「酢」は加熱してしまうと効果が薄れてしまいますので、方法を混同させないようにする必要が有ります。

 

油分を加えて剥がす方法

自転車のチェーン部分やベアリング部分等に使用する「潤滑剤」「潤滑油」等をシールの粘着剤部分に浸透させる事によって剥がす方法も有り、「ティッシュ」や「要らない布」等を被せて散布し、30分から1時間位かけて浸透させて剥がす方法も有ります。

ただ、素材によっては文字等が消えてしまう場合も有りますので、出来るだけ無地で、油が浸透してしまったとしても、問題は無い物に使用した方が良いと思います。

 

界面活性剤を使用して剥がす方法

「界面活性剤」と言えば、「食器洗い用洗剤」が一般的だと思います。

「リードペーパー」や「薄い布」等を用意し、シール部分を覆うように被せ、「食器洗い用洗剤」を浸透させるように使用します。

 

シール剥がし跡「ベタベタ」の取り除き方

シールを貼った土台になる物の素材にもよりますが、「消しゴム」「石消しゴム」、「ガムテープ」等で「ベタベタ」部分を取り除く方法が有り、「消しゴム」は「消しクズがまとまるタイプの物」が望ましいです。

もし、塗装やコーティング等の「剥離」「変色」「劣化」等の心配が無さそうでしたら、「アセトン系溶剤」や「除光液」等を使用すると効果的な場合が多いです。

 

ベタベタを取り除く事を考えた場合、貼ってしまったベースになる素材の強度によって方法が変わります。

「紙」であれば、ドライヤーの熱で接着面を柔らかくして剥がし、消しゴム等でベタベタ部分を取るのが正解です。

 

「プラスチック」等のように、固く防水性が見込める場合、ドライヤーや消しゴム、仕上げに紙ガムテープ以外にも、中性洗剤、除光液等を使う事が出来ます。

もし、時間があり、近くに100円均一がある場合は、シール剥がし液が販売されていますので試して欲しいです。

 

シール剥がしで「紙」はこうするとイイ

基本的に紙は水分や摩擦に弱く、「ドライヤー」「紙製のガムテープ」「消しゴム」「メラニンスポンジ」がメインになります。

 

シール剥がしの裏技はある?紙の場合

土台がプラスチック等のように、防水性や硬さが期待出来る場合、接着剤になる部分を気にしながら、ゆっくり剥がすを最初にやりたいですね。

接着部分だけが残った場合、メラニンスポンジやカッターナイフ等で削り取るか、除光液などで接着部分を溶かした方が良いです。

 

ここで注意したい事は、プラスチック等の硬質な物からシールの剥がし残しを取り除く場合、メラニンスポンジや消しゴム等でこすると、どうしても変な光沢が出てしまう可能性が高いです。

ですので、あまりムキにならず冷静に対応した方が良いですね。

 

紙からシールを剥がす方法

比較的、丈夫な紙の場合、まずは、シールの接着部分が残らないように意識しながら、ゆっくりとめくるようにして剥がします。

シールが古かったり、紙に対して粘着部分が強力な場合は、ドライヤーで温めながら剥がすのが一般的です。

 

紙は繊細ですので、可能そうであれば、メラニンスポンジで優しく擦ってあげたり、「消しくず」がまとまりやすいタイプの消しゴムを使うのも一つです。

あとは、布タイプは大変な事になりますので紙タイプは必須ですが、ガムテープを使用するのも一つです。セロハンテープを使う人も居ますが、個人的には先に紙タイプのガムテープですね。セロハンテープは意外と粘着力が強いので。

 

シール剥がしは紙に使って大丈夫?

値札シールや子供のおもちゃのシールは、基本的にシール剥がしを使うと簡単に剥がす事が可能です。ただ、直射日光や経年劣化などでシールの接着部分が変化してしまった場合は、剥がすのは難しいです。

もし、変化していない場合は、100円均一などでシール剥がしが売っていますので、是非トライしてみて下さい。