両家顔合わせの服装「カジュアルさの限度」

<スポンサーリンク>
両家顔合わせの服装「カジュアルさの限度」

最近では両家顔合わせの服装をカジュアルにし、「レストラン」よりは、「ビストロ」、「会席」よりは、「創作料理」等のように、全体的にアットホームで和気あいあいとした雰囲気になるように両家が配慮してくれている場合も有ります。

「格式」「儀式的要素」「厳かささ」等を重んじているご家族が居られる場合は、服装をカジュアルにするかどうかについてもう一度話し合う必要は有りますが、新郎と新婦、そのご家族様が納得しているのでしたら、問題は無いと言われています。

 

そもそも、カジュアルの意味は?

「結婚式」や「結納」は、簡単に言うと「儀式」ですので、それに準じた服装や気構えが必要です。

「婚約指輪」を渡す場合であっても、「両家顔合わせ」はそこまでの気構えが必要が無いとも言われており、「カジュアル」な服装でも良いと言う意見も有ります。

 

「カジュアルな服装」は、実は曖昧な表現ですが、元々は、肩に力を入れ過ぎる必要は無く、一般的に「堅苦しくない服装」と言われています。

 

カジュアルさの限度は?

新郎であれば、カジュアルで大丈夫だと言ったとしても、スーツは最低限は必要だと言われておりますが、スラックスであればジャケットパンツ姿の服装でも大丈夫だと言われています。

ジャケットは、「ビジネス系」「ダークスーツ系」を選び、「目立つストライプ」「目立ち過ぎる柄」「原色系」が良く、あまり光沢の有る物は適していないと言われています。

 

「両家顔合わせ」は新郎と新婦が正式に婚約した事を、両家の親が承諾し合い、両家の親交を深める事も目的です。

決して「自分らしさ」「斬新さ」を知って頂く場所では有りません。

 

必要ないと言えばそうかも知れませんが、友達の家族と一緒に食事をする事とは異なりますので、「ネクタイ」「ネクタイピン」辺りは最低限のマナーで、「ピアス」「ネックレス」「ウォレットチェーン」等は、基本的に駄目だと言われています。

ただ、両家顔合わせが開かれる季節が「夏」であれば、多少の「クールビズ」は許されると言われていますが、「夏」に両家顔合わせを開く事を親から指定されたりしない場合は、招待するご家族様への配慮に欠けていると言われています。

 

女性に関しては、いくらカジュアルだと言っても、あまり派手な色は適しておらず、目立つベルトやチェーン、クラッシュ系は避けた方が良いです。

丈がひざ上になる物、身体のラインがハッキリと出る服装、胸元や背中等、肌の露出が多い物も避けるべきです。

 

両家顔合わせの挨拶例と失敗しないポイント」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ