敬老の日はいつ?プレゼントで忘れてはいけない事

<スポンサーリンク>
敬老の日はいつ?プレゼントで忘れてはいけない事

「敬老の日はいつ?」と質問されると、「9月15日」と答える方も多いと思いますが、「ハッピーマンデー制度」以降変わりました。

意外とプレゼントを貰った本人が「9月15日」と記憶してしまった場合、現在の敬老の日に合わせると「忘れられた」と落ち込ませてしまう結果に終わる事も有ると聞きます。

 

当記事では、「敬老の日はいつ?」に関しての答えと、最近のプレゼント事情等について説明させて頂きます。

 

敬老の日はいつ?

「国民の祝日に関する法律」によって「敬老の日」は1965年に制定され、2003年からは「9月3周目の月曜日」に決まりました。

毎年、敬老の日にプレゼント等を送る習慣が有る方は、「ハッピーマンデー制度」のお陰で急に「9月15日」から変わりましたので、正直驚かれたと言う方も多かったと思います。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント

「おばあちゃん」「おじいちゃん」に別々に用意するか一緒に用意するかによって喜ばれるプレゼントは異なると思いますが、正直な所、余程正確がひねくれていない限り、「どんなプレゼントでも嬉しい」と思います。

一番確実なのは、事前に「どんなプレゼントが良いのか」を聞いておく事だと思いますが、お互いに遠く、「携帯」や「スマホ」はたまた「メール」なんてやらないし、そもそも出来ない場合は、一般的に何を贈っているのかを参考にしておくのも良いと思います。

 

◯おばあちゃんに喜ばれるプレゼント

女性への贈り物として不動の人気を誇るのは、年齢を問わず「お花」だと言われており、「敬老の日」が近づくと花屋さんには関連するアレンジ例が並ぶと思います。

次に多いのは、「洋菓子」「和菓子」等のお菓子系で、年齢の事を考え「フルーツタルト」等の「フルーツ系」、生クリームやクリームが少なめの「焼き菓子系」が多く、「和栗」「イチジク」等の季節の果物を使用し、「和三盆糖」「黒糖」等を使用した「洋菓子」も人気が高いです。

 

意外とおばあちゃんは「羊羹」「最中」等の和菓子は食べ慣れてしまっている場合も多く、「あんこ」自体に飽きつつある場合が有ります。

そこで、洋菓子屋さんがアレンジした和スイーツがプレゼントとして喜ばれる場合が多いです。

 

◯おじいちゃんに喜ばれるプレゼント

一般的に一番人気が有るのは、「日本酒」「焼酎」「ワイン」「蒸留酒」等のお酒で、もし可能であれば、一緒に飲むのが望ましいです。

次に人気なのは、「盆栽」等の「植物」系で、「お花」も敬老の日のプレゼントの定番だと言えます。

 

ただ、「おばあちゃん」へのプレゼント同様、枯れて来て落ちた花等を処理する等の手間がかかるので、人によっては迷惑になってしまうと言う意見も有ります。

また、花が枯れていくのを見て「物悲しい」気持ちになると言う方も居られますので、必ずしも喜ばれるプレゼントと言う訳では無いとも言われています。

 

その場合に有効なのは、「プリザーブドフラワー」「ドライフラワー」等ですが、それなりの物を用意した場合、想像以上に高価になってしまいがちですので、それ位でしたら、「一緒にお酒を含めた食事会」「一緒に食事」等の方が喜ばれそうな気もします。

正直、花系は高く、同じ価格帯でしたら、お酒好きが普段飲みたくてもなかなか買えない系のお酒でも余裕で変える場合が多いと思います。

 

おじいちゃんにもよりますが、男性は「花より団子」の場合が多いとは思います。

次に多いのは、「和菓子」等のお菓子ですが、意外と「糖尿病」「痛風」「高血圧」等の生活習慣病によって「甘い物」自体が医者に禁止されている場合も有りますので、「洋菓子」は駄目な場合が多いです。

 

敬老の日のメッセージ選びで迷った場合の文例集」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ