洗濯機の使い方と洗剤を入れる場所と量の注意点

<スポンサーリンク>
洗濯機の使い方と洗剤を入れる場所と量の注意点

洗濯機の使い方に関しては、メーカーや機種等によって多少は異なるとは思いますが、①「洗濯機に衣類を入れる」②「電源を入れてコースを選ぶ」③「衣類重量に合わせた洗剤を入れる」等は基本的な動作ですので、差は無いと思います。

更に補足させて頂いた場合、①の場合、お洒落着と普段着は別にした方が良く、白い衣類と色移りし易い衣類も分ける必要が有ると思います。

 

また、「風呂の残り湯」を使用する場合は、コース選択時に選ぶ必要が有ると思いますし、比較的繊細な衣類は、「洗濯ネット」に入れて洗濯した方が良いと思います。

②の場合は、汚れや生地の厚さ具合によって洗いの時間を長くしたり、短くしたりする必要が有りますし、同様の理由ですすぎを一回にするか二回にするか調節すると良いと思います。

 

当記事では、急な単身赴任や一人暮らし、生活を共にされている方の怪我やご病気等で急に洗濯機を使用しなければならない場合、失敗しない為の注意点等について説明させて頂きます。

 

洗濯機の洗剤を入れる場所

「液体タイプ」の洗濯機用洗剤を使用する場合は、そのまま衣類と同じように投入すると良いと思いますが、「洗剤を入れる場所」用意されている場合が多いと思います。

正面部分に机の引き出しのような「洗剤を入れる場所」が有る場合も有ります。

 

「漂白剤」「柔軟剤」を入れる場所等も用意されている洗濯機が多く、洗濯槽の「縁部分」もしくは「ドラム部分」等に用意されています。

洗濯機の「縁部分」「ドラム部分」等に洗剤を入れる場所が無かった場合は、洗濯機にある程度「水」や「風呂の残り湯」が入り、「撹拌」等が始まった位に投入すると、「洗剤の塊が残る」「漂白剤ムラ」等を防ぐ事は出来ます。

 

この場合は、洗濯機の蓋部分に安全面を考慮した「ロック」「チャイルドロック」等がかかる前に洗剤を入れないと意味は有りませんので、慣れていない方は、注意が必要だと思います。

「粉末タイプ」の中でも、特に「溶けにくい」洗剤を使用する場合は、「洗濯機」「水かお湯」である程度溶かしてから投入すると良いと思います。

 

洗濯機の洗剤を入れる時間

もちろん、洗濯機によって異なると思いますが、衣類を入れ、スイッチを入れたりコースを決めた時に重量を測ると思いますが、その時に「何リットル使用する」と言った旨を表示すると思います。

衣類の総重量や水量が表示された時に、必要な洗剤を投入するのが一番で、「洗剤」の箱等い記載されている通りに投入するのが確実です。

 

洗濯機の洗剤を入れる量

洗剤の容器等に書いてある通り使用すれば、洗剤を入れる量で失敗する確率は低いと思いますが、使用されている洗濯機が、「一般」「ドラム」かによって、洗剤を入れる量が大きく異なります。

ちなみに、「一般」は底が水を撹拌するような「水噛みが良い形状」になっている事が多く、「ドラム」は「洗濯槽」自体がドラム状で、それ自体が回転する事によって選択します。

 

一番重要なのは、「洗剤を入れる量」を変えない事で、汚れている気がしたり、「風呂の残り湯」を使用するから洗剤を入れる量を増やす等をしても意味は有りません。

逆に洗剤の「溶け残り」や「流し残り」等によって「カス」が衣類に残ってしまったり、「肌荒れ」等が起きてしまう可能性も有ります。

 

洗濯機の洗剤を入れる場所を間違えた?科学的解答」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ