ハロウィーンはいつ?古代ケルトとカブの不思議

<スポンサーリンク>
ハロウィーンはいつ?古代ケルトとカブの不思議

ハロウィーンの季節が近づいて来ると、百貨店や雑貨屋さん、お菓子屋さん等に「カボチャ(ジャック・オウ・ランタン)」や「魔法使い」等の関連した商品が沢山並ぶようになります。

そこで気になるのは、「ハロウィーンはいつなのか?」と、「あの独特なカボチャは、どういった経緯で生まれたのか?」だと思います。

 

当記事では、「ハロウィーンはいつなのか?」と「カボチャが選ばれた理由」について説明させて頂きます。

 

ハロウィーンはいつなのか?

まず、現在私達が知っている「ハロウィーン」は、「古代ケルト」で生まれたお祭りに「アイルランド共和国」の「ジャック・オウ・ランタン」と言う物語が加わり、「アイルランド移民」によって「アメリカ」に伝承されて広がったお祭りから来ています。

「ハロウィーン」が生まれた「古代ケルト」では、10月31日が私達で言う所の12月31日(大晦日)に当たります。

 

今年から来年に変わる日、「古代ケルト」の地上では「この世」と「あの世」の境界線が無くなり、ご先祖様を含め、様々な霊が行き来してしまう状況です。

この日(10月31日)に秋の収穫に対する感謝と、今年1年を過ごせた事をご先祖様に感謝し、迷い込んで来てしまったり、悪さをする為にこちらに来た霊を払う為の祭りが「ハロウィーン」の始まりだと言われています。

 

つまり、「ハロウィーンはいつなのか?」に対する答えは、「10月31日」です。

 

ハロウィーンにかぼちゃが選ばれた理由

「イギリス」の近くには、「アイルランド共和国」と言う国が有り、「Jack O’Lantern’s story(和:ジャック・オウ・ランタン)」と言う物語が有り、主人公「ジャック」が「蕪(カブ)」の一種の中身をくり抜き、「提灯(ちょうちん)」にした物語が存在します。

この「アイルランド共和国」由来の「蕪(カブ)」を「提灯(ちょうちん)」として利用した「ジャック・オウ・ランタン」が、「アメリカ」に「アイルランド共和国」からの「移民」から伝承された時、「蕪(カブ)」が「南瓜(カボチャ)」に自然と変化した事が始まりです。

 

当時、「アメリカ」には「アイルランド共和国」からの移民が多く、「ハロウィーン」以外にも沢山の文化交流が行われていました。

「アメリカ」での「蕪(カブ)」の栽培量はそこまで少なく、認知度もあまり高く有りませんでした。

 

その変わり、「南瓜(カボチャ)」の栽培量は多く、ハロウィーンの日に誰でも入手する事が出来ますので、ここまで広まったとも言われています。

ハロウィーンの意味と「諸聖人の日」の衝撃の関係」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ