ハロウィーンの意味と「諸聖人の日」の衝撃の関係

<スポンサーリンク>
ハロウィーンの意味と「諸聖人の日」の衝撃の関係

「ハロウィーン」は、元々、「秋の収穫祝い」の意味も兼ねており、10月31日に開催される理由は、起源だと言われている「古代ケルト」から来ている説と「キリスト教」の祝日の「前夜祭」から来ている説等が有ります。

当記事では、ハロウィーンの意味等について説明させて頂きます。

 

ハロウィーンの意味について

まず、「ハロウィーン(Halloween)」は何処から来た言葉で、どのような意味が込められているのかについてですが、「キリスト教」の祝日から来ていると言われています。

先程、ハロウィーン(10月31日)は、「前夜祭」と説明させて頂きましたが、11月1日に開催される「諸聖人の日」の前日にあたります。

 

11月1日の「諸聖人の日」は、「All Hallows」と書き、「クリスマスイヴ(Christmas Eve)」同様、「諸聖人の日・前夜祭」は「All Hallows Eve」と書きます。

この「All Hallows Eve」が伝わって行くうちに「ハロウィーン」に変化しましたが、元々の意味は、「諸聖人の日・前夜祭」です。

 

「All Hallows」の「Hallows」は、「神聖なもの」ですので、この場合は、「キリスト教徒」を意味していると思います。

当然、「All」は「全ての」を意味していますので、「全ての聖人を尊重するキリスト教の為の祝祭」と言うニュアンスが意味的には近いと言われています。

 

ここで注意したい所は、「ハロウィーン」自体、特にキリスト教と関係が無いと言う事です。

日本はアメリカ等のように本格的に「ハロウィーン」を行う地域はまだまだ少ないのですが、キリスト教を重んじる方の中には、「ハロウィーン」に参加する事自体を考えてしまうと言うのが正直な所のようです。

 

諸聖人の日の日の意味は?

「諸聖人の日」は、キリスト教「ローマカトリック教会」の祝日の一つで、「聖人」「殉教者」に感謝する為の日でもあり、「全てのカトリック系キリスト教徒」の為の日でもあります。

「諸聖人の日」が浸透している国では、日本で言う所の「お盆」「お彼岸」と同じように、「お墓参り」に行ったりします。

 

「キリスト教」と言っても沢山の宗派が有り、「諸聖人の日」が11月1日に統一されている訳では有りませんので、「ハロウィーン」が「諸聖人の日」の前夜祭だと言われてもしっくり来ないと感じてしまう方も居られるかも知れません。

ハロウィーンはいつ?古代ケルトとカブの不思議」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ