熊谷花火大会2018の穴場や駐車場、有料席や場所取り等

<スポンサーリンク>
花火2

熊谷花火大会は埼玉屈指の花火大会の一つで、立地的にも見晴らしが良い場所が多く、打ち上げ花火が本当に綺麗に見えるのも特徴だと思います。

毎年、埼玉で1番多くの人で賑わう戸田橋花火大会程では無いとは言われていますが、それでもかなりの人で賑わっているのは間違い有りません。

 

花火の打ち上げ数も毎年10000発位ですので、全国の花火大会でも多い方だと思います。

また、出店が多いのも特徴の一つで、毎年、500近く出店して賑わっています。

 

ご当地グルメ的な物やB級グルメも多数出店していますので、花火だけでは無く、「お祭りらしさ」もしっかり楽しむ事が出来るのは嬉しい配慮ですね。

当記事では、2018年度の熊谷花火大会の穴場や駐車場、有料席や場所取りに関する情報について説明させて頂きます!

 

2018年度の熊谷花火大会について

今年2018年度の熊谷花火大会の開催日は、現時点で8月11日の土曜日を予定しています。

例年であれば、8月第2〜第3土曜日に開催されています。

 

多少の雨なら開催されますが、悪天候の場合は中止になります。

多くの花火大会は、翌日に延期される事が多いのですが、数年前ごろ、実際に大雨で当日が中止になってしまった時、1週間後に開催されましたので、熊谷観光協会に確認してみるのも一つだと思います。

 

熊谷観光局公式サイト>>http://www.oideyo-kumagaya.com/

熊谷市公式フェイスブック>>https://www.facebook.com/kumagayacity

 

打ち上げ場所は、埼玉県熊谷市河原町 荒川河畔 顕化大橋下流です。

開催時間は、19時〜21時ごろまでを予定しています。

 

大変混雑しますので、殆どの方は、電車を利用していると言われています。

熊谷花火大会会場の最寄り駅は熊谷駅で徒歩20分圏内です。

 

熊谷花火大会の穴場に関して

「どうせなら、出店も欲しいな〜」と言う方は、熊谷駅南口側の荒川河川敷に多数出店していますので、是非お祭り気分も味わって下さいね。

穴場と言うには有名になりつつありますが、地元の方にも愛されている穴場のが10ヶ所有りますので、もっと気軽に熊谷花火大会を楽しみたい方は参考にしてみて下さい。

 

▲イオン熊谷店

車の利用者から絶大な人気が有る場所で、当日はイオン熊谷店様のご好意で屋上が開放されています。

出店のようにお祭り気分を味わえるような飲食物は有りませんが、綺麗なお手洗いも有りますし、イオン熊谷店で飲食物を購入する事も可能なのが嬉しいですね。

 

人気の場所ですので、花火大会開始直前に行ってもあまり良い場所は有りません。

当然、ゴミ等のマナーが悪ければ、翌年には開放されなくなってしまう可能性も有りますので、感謝の気持ちを伝える為にもイオン熊谷店で買い物をした方が良いと思います。

 

イオン熊谷店は、イオンシネマも有りますし、店舗によって21時〜22時頃まで営業して頂いているのが嬉しいですね。

花火大会終了直後は、道路も全て混雑している状態ですので、ゆっくりと買い物等をして帰るのも、渋滞に巻き込まれるのも、帰る時間は変わらないかも知れません。

 

▲ベルク赤城町店

イオン熊谷店程のような好条件で花火を楽しむ事は出来ませんが、熱中症や脱水症状等の心配も無く、スーパーマーケットですので、飲食物の調達も簡単に出来るのが嬉しいですね。

駐車場は150台程しか駐車出来ませんので、花火大会開始直前に行くのは少し危険かも知れません。

 

24時まで営業していますので、ゆっくり買い物をしてから帰ると良さそうです。

当たり前の話になりますが、お店に買い物に来た方の為の駐車場ですので、買い物をしない方、マナーが悪い方が多いと禁止になる可能性も有ります。

 

▲ニットモール熊谷店

やや大型のショッピングセンターで、ファーストフード店やレストラン等の飲食店からゲームセンター、食品まで幅広く用意されています。

21時まで営業していて、買い物をしないのはマナー違反ですので、絶対に駄目ですが、屋上から花火を観る事が出来ます。

 

▲荒川緑地

初めて行く方は分かりにくいかも知れませんが、荒川運動公園横のラグビー場は人気です。

朝から場所取りに行くのが辛い人にも人気の場所で、16時からしか場所取りが出来ません。

 

ただ、16時の場所取り解禁直後からラグビーの試合のような状態になっていますので、それなりに気合を入れて場所取りに参戦した方が良さそうな気もします。

 

▲熊谷大橋

熊谷大橋と言う名称ですが、最寄り駅は、ひろせ野鳥の森駅で、徒歩20分圏内です。

視界が開けた場所ですし、そこまで混雑する事は無い穴場です。

 

▲熊谷市久下周辺河川敷

熊谷駅から徒歩30分圏内ですので、必然的に人が少なくなります。

それでも、ある程度の人は居る印象です。

 

▲熊谷スポーツ文化公園

敷地内の丘が人気で、静かな所で花火を観たい人向けの穴場です。

 

▲石原公園

打ち上げ場所から距離が有りますので、人自体が少ない割に視界を遮る建物等が少ないのが特徴です。

 

▲熊谷駅ビルアズ店ビアガーデン

もちろん、ビアガーデンを利用される方限定ですが、学生や会社関係、社会人同士の集まり等で利用される方が殆どです。

 

▲熊谷市コミュニティーひろば

打ち上げ場所から距離が有りますが、花火を正面から楽しむ事が出来ます。

 

熊谷花火大会の駐車場情報

当日、河川敷に約3500台が駐車出来る臨時駐車場が、1台1000円で利用する事が可能です。

臨時駐車場が利用出来る時間は、13時からですが、夕方前には満車になる年も多く、周辺の有料駐車場も満車になる場合もしばしばです。

 

熊谷花火大会臨時駐車場

▲熊谷市榎町河川敷・第1臨時駐車場 1750台

▲熊谷市万吉河川敷・第2臨時駐車場 750台

▲熊谷市手島5・第3臨時駐車場 1000台

 

他にも地元や周辺地域にお住まいの方が利用される事が多い駐車場について触れさせて頂きます。

▲八木橋駐車場 730台

▲イオン熊谷店 500台

▲ティアラ21駐車場(有料) 400台

▲市営本町駐車場(有料) 300台

▲熊谷地方庁舎駐車場 250台

▲熊谷市役所駐車場 100台

 

熊谷花火大会の有料席について

やはり、毎年盛り上がるスターマインコンクールを堪能するのであれば、有料席が1番だと思います。

毎年、6月中旬頃、チケットぴあ、大手コンビニエンスストアチケット販売機、JTB関東法人営業熊谷支店等で販売開始します。

 

有料席のプランに関しては、今後大きな価格改定が無い限り同じだと思いますので、例年通りのプランを説明させて頂きます。

有料席が余ってしまった場合、当日券として販売すると言われていますが、確率としては低いと思います。

 

▲4名定員 マス席 22000円

▲4名定員 テーブル席 14000円

▲1名定員 イス席 2500円

 

他には、メッセージ付き花火も利用出来ますので、プロポーズや感謝の気持ち等のメッセージを添えた花火も素敵ですね。

メッセージ花火を利用したい方は、熊谷市観光協会事務局が5月7日〜6月1日

の間に募集していますので、熊谷観光局公式サイトの募集要項を確認するのが1番だと思います。

 

料金は、小ぶりの花火で24000円、大掛かりな花火で20万円以上するようです。

 

熊谷花火大会の場所取りに関して

特に熊谷は、最高気温が高くなる事でも有名です。

場所取りに早めに行く予定でしたら、熱中症や脱水症状、紫外線対策はしっかりとしておいた方が良いと思います。

 

特に遠方から来られる方、小さなお子様が居られる方は、充分過ぎる程の対策は必要だと思います。

熊谷花火大会のキャッチコピーには、「あついぞ!熊谷」と書かれていますが、想像以上の暑さに驚く方も多いと言われています。

 

熊谷花火大会のまとめ

メッセージ花火を用意している花火大会も全国的にみると多いのかも知れませんが、本当に素敵ですよね。

感謝の気持ちが多いのですが、プロポーズは凄く盛り上がる瞬間です。

 

苦手な人は苦手なのかも知れませんが、私は本当に素敵だと思います。

結構な値段ですので、プロポーズの場合は、絶対に上手く行って欲しいですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ