横浜開港祭の花火と快適な13以上の場所

<スポンサーリンク>
横浜開港祭の花火と快適な13以上の場所

横浜開港祭の花火は、「横浜開港祭ビームスペクタルインハーバー」とも呼び、約30分と言う短い時間に6千発以上の花火が上り、まさに「圧巻」です。

特に「臨港パーク」周辺は混雑しますので、「有料花火観覧席」を利用される方も居られますが、「メイン会場」で2人で9000円、「国立大ホール前会場」で2人で6000円必要です。

 

個人的には、横浜港開港祭の花火が好きてあれば、そこまで高くは無いのかも知れませんが、そこは、お互いの価値観や相手への配慮によって変わって来ると思います。

周辺の有名ホテル等も横浜開港祭に合わせたプランを用意して頂いている事も多く、迫力が有る花火を見ながら美味しいディナーを楽しむ事も出来るので、個人的にはこちらも良いと思います。

 

横浜開港祭りの花火が打ち上がる時間

毎年、6月2日の夜8時20分頃から夜8時50分頃まで花火が打ち上がります。

横浜開港祭自体が開催される期間は、毎年5月30日・31日・6月2日頃を予定しており、時間に関しては、夜の7時頃を予定しています。

 

横浜開港祭りの花火ポイントは開拓され尽くしています

横浜港開港祭の会場は、「神奈川県横浜市西区みなとみらい1臨港パーク」前です。

少しでも混雑を避けて花火を見る為に、

 

●「ぷかりさん橋」 ●「カップヌードルミュージアムパーク」

●「横浜港大桟橋国際客船ターミナル」 ●「山下公園」

●「山下埠頭・横浜ベイブリッジ」 ●「野毛山公園」

●「大黒埠頭」 ●「横浜マリンタワー」

●「ポートサイドパーク」 ●「クイーンズスクエア横浜」

●「港の見える丘公園」 ●「台町公園」

●「掃部山公園」

 

等を利用される方も多いですし、周辺には沢山あります。

今となっては有名花火ポイントとして知られていますので、必ずしも快適に見れると言う訳でも有りません。

 

◯「ぷかりさん橋」

横浜市西区みなとみらい1丁目です。

◯「カップヌードルミュージアムパーク」

横浜市中区新港2丁目6です。

 

◯「横浜港大桟橋国際客船ターミナル」

横浜市中区海岸通り1丁目1−4です。

◯「山下公園」

横浜市中区山下町279です。

 

◯「山下埠頭」

横浜市中区山下町279−1です。

◯「野毛山公園」

横浜市西区老松町63−10です。

 

◯「大黒埠頭・横浜ベイブリッジ」

横浜市鶴見区大黒ふ頭です。

◯「マリンタワー」

横浜市中区山下町15です。

 

◯「ポートサイドパーク」

横浜市神奈川区栄町11−6です。

◯「クイーンズスクエア横浜」

横浜市西区みなとみらい2−3です。

 

◯「港の見える丘公園」

横浜市中区山手町114です。

 

◯「台町公園」

横浜市神奈川区高島台です。

 

◯「掃部山公園(かもんやま公園)」

横浜市西区紅葉ケ丘57です。

 

横浜開港祭の花火の場所と時間を知る前に」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ