彦根城の桜の見頃と、期間中の注意点

<スポンサーリンク>
彦根城の桜の見頃と、期間中の注意点

彦根城の桜の見頃は、3月の下旬位から4月の上旬辺りの場合が多く、2015年と2016年の見頃を比較すると、約5日近くのズレが有りますので、ニュースや新聞で確認出来る「滋賀県の桜開花情報」を規準にするのが確実です。

同時期の4月1日から4月20日前後には、「彦根城桜まつり」が開催される場合も多く、夕方の6時から夜の9時頃には、桜のライトアップや「臨時屋形船」も有ります。

 

開催時期に多少のズレは有るかも知れませんが、「彦根城桜まつり」の中頃には桜は散っている筈ですので、桜を堪能したい場合は、ニュースや新聞で滋賀県の桜の見頃を確認しつつ、観光に行くのが確実です。

ただ、桜の夜間ライトアップ中に行われる「臨時屋形船」も楽しみたい場合は、土日と祝日しか有りませんので、平日か休日で迷われている場合は、注意が必要だと思います。

 

彦根城の桜の見頃について

毎年、平均気温や気象等、様々な要因によって彦根城の桜の見頃は前後してしまいますが、2015年でしたら、3月31日に開花が確認され、4月4日に満開を迎えました。

2014年は、4月2日に開花が確認され、4月9日に満開が確認されました。

 

滋賀県の桜の開花情報は、彦根城周辺の桜を規準とされている場合も多く、日本で一番多く植えられている桜「ソメイヨシノ」を観たい場合は、新聞やニュース等を規準にすれば見頃を逃す事は無いと思います。

また、彦根城に限らず、全国的に見ても平均気温が低めの場合は、見頃が伸び、平均気温が高い場合や強風、強い雨や雨が続くようでしたら、見頃は短くなってしまいます。

 

特に彦根城が有る滋賀県は、関西の中でも平均気温が低めですので、桜の見頃は遅くなってしまいがちですが、気温が低いと言う事は、「花冷え」を起こし易いと言う事でもありますので、平均気温が高くなってしまいがちな滋賀以南よりも見頃は長い場合が多いです。

 

彦根城へのアクセス

彦根城自体の入山料は、大人が600円、子供が200円です。

電車で来られる場合は、JR「琵琶湖線」の「彦根駅」から徒歩15分程度で彦根城へ着きます。

 

車で来られる場合は、「名神彦根インターチェンジ」から10分程度で着きますが、桜の見頃やライトアップ中は混雑が予想されれますので、出来ればある程度の余裕を持って予定を立てた方が良いと思います。

300台前後の収容可能な駐車場が有り、「彦根城桜まつり」が開催されている期間中は、1000台前後の収容が可能とされていて、駐車料金が普通車の場合は400円別途必要です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ