飛行機のスーツケース|大きさの制限と違い

<スポンサーリンク>
飛行機のスーツケース|大きさの制限と違い

スーツケースを飛行機に持って行く場合の大きさの制限を超えてしまった場合、「超過料」を別途支払う必要が有り、上限を超えてしまった場合、「飛行機への受け入れ不可能」になります。

一般的な旅行の荷物を想像し、スーツケースの大きさが市販されている範囲内であれば、「飛行機への受け入れ不可能」と判断される事は有りません。

 

特に旅行となると、出来るだけ無駄な出費は抑えておきたい物で、スーツケースが一体どれ位の大きさになってしまった場合に「超過料」が発生してしまうのかが気になると思います。

もちろん、行く予定の場所によって異なりますが、超過料は国内でスーツケース一個あたり数千円以上、海外では数万円以上必要になる場合が多いので、注意が必要です。

 

スーツケースの大きさの制限(無料枠)

大手では、「JAL」と「ANA」の2社が有りますが、飛行機に無料で持ち込めるスーツケースの大きさの制限が違います。

もし、「JAL」だけしか利用しないのであれば、「縦×横×高さ」が203センチメートルまで使用出来ますが、「ANA」の場合は、158センチメートルまでが大きさの制限です。

 

今後、「ユナイテッド」「デルタ」「エア・カナダ」「ハワイアン」を含め、どの会社の飛行機に乗るか決めていない場合は、「158センチメートル」のスーツケースを購入した方が良いと思います。

また、「115センチメートル」の所も有りますので、必ず確認するようにして下さい。

 

◯JAL

スーツケースの「縦×横×高さ」が、203cm以下である必要が有り、「ファーストクラス・ビジネスクラス」の場合は、3個まで持ち込む事が出来ます。

「プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス」の場合は、2個まで持ち込む事が出来ます。

 

スーツケースには、大きさ以外にも重さの制限も有り、「ファーストクラス・ビジネスクラス」の場合は、一個あたり32キログラムまで持ち込む事が出来ます。

「プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス」の場合は、一個あたり23キログラムまで持ち込む事が出来ます。

 

◯ANA

スーツケースの「縦×横×高さ」が、158cm以下である必要が有り、「ファーストクラス」の場合は、3個まで持ち込む事が出来ます

「ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス」の場合は、2個まで持ち込む事が出来ます。

 

スーツケースの重さに関しては、「ファーストクラス・ビジネスクラス」は、一個あたり32キログラムまで持ち込む事が出来ます。

「エコノミークラス・プレミアムエコノミークラス」は、一個あたり23キログラムまで持ち込む事が出来ます。

 

スーツケースの重さと測り方と各社の上限」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ