セレモニースーツのレディースブランド選び【超鉄板】

<スポンサーリンク>
セレモニースーツのレディースブランド選び【超鉄板】

「セレモニースーツはこうです」と言う厳格な決まりは存在しませんが、当時は「冠婚葬祭」で上手く使用出来るスーツの事を意味していました。

レディース・メンズ共に「ブラックスーツ」に近いような感じで、「着回しが効く」とは言え無いのが正直な所でした。

 

最近では、通勤に使える「ダークスーツ」を少しランクアップさせたような感じにしたデザインの物も多く、ひと目で「セレモニースーツだ」と分かるようなラインを用意しているブランドも増えて来ています。

「黒」が圧倒的に多いのですが、ベージュやライトグレー、ピンクやシャンパンゴールド等を用意している場合も有ります。

 

また、「着回し」を意識して「ブラック」と「ライトグレー」、「ブラック」と「アイボリー」等の2色のジャケットと「ブラック」のワンピースと言う3点セットを用意しているブランドも有ります。

簡単に言うと、「卒業式」「入学式」の両方に対応出来ています。と言う意味で、「ジャケット」「パンツ」「スカート」の3点セットを用意しているブランドも有ります。

 

ちなみに、入学系は「ホワイト・ベージュ・ライトピンク」、卒業系は「ブラック・ネイビー・グレー」が基本ですので、「セット系」を選ぶ場合は参考にしておくと良いと思います。

当記事では、レディースセレモニースーツで王道とも言えるブランドについてまとめていきたいと思います。

 

レディースセレモニースーツの王道的ブランド

◯「UNTITLED(アンタイトル)」

◯「INDIVI(インディヴィ)」

◯「COUP de CHACE(クープドチャンス)」

等は、あまり時代に左右される事無く、長く使えるデザインの物を用意しているブランドです。

 

「UNTITLED」「INDIVI」「COUP de CHACE」は、「WORLD」の取扱いブランドです。

store.world.co.jp/s/sp/ceremony/

ワールド 画像

 

他には

「BLACK GALLERY(ブラックギャラリー)」

「ru(アールユー)」

も人気が高いです。

 

「BLACK GALLERY」「ru」は、マルイでも常に人気のブランドです。

https://search-voi.0101.co.jp

マルイ 画像

 

また、そこまでブランドを意識していないけれど、コストパフォーマンスが良く、そこそこ丁寧に作っている無名系のブランドから購入したい場合は、

 

◯「セシール」

cecile.co.jp/sc/cf/
セシール 画像

 

◯「ニッセン」

http://www.nissen.co.jp/

ニッセン 画像

 

◯「ベルメゾン」

http://www.bellemaison.jp/

ベルメゾン 画像

 

「スーツカンパニー」

http://www.uktsc.com/

スーツカンパニー 画像

 

◯「楽天」

rakuten.co.jp

楽天 画像

等も有名です。

 

「そんなにお金はかけたく無い!」と言う方には、「しまむら」にもレディースセレモニースーツ3点セットが展開されています。

https://www.shimamura.gr.jp/

しまむら 画像

 

「洋服の青山」にもレディースセレモニースーツが有りますが、過去にきせまめがスーツを購入する時、接客がなげやりで忙しそうに扱われ、商品自体もイマイチでしたので、気分が非常に悪くなって以来「苦手意識」が有りますので、取り上げていません。

それに、きせまめも自信を持って人に紹介したいですから。

 

もちろん、実際に実物を見て試着した上で納得して購入したいと言う場合は、百貨店ホームページ等の「催し物情報」をチェックしておくと良いと思いますし、通販サイトによっては、「試着サービス」的な物を用意して頂いている場合もあります。

 

きせまめの感想

可愛い系からクール系、クラシック系と色々有りますので、見ているだけで「あっという間」に時間が過ぎてしまうと思います。

レディースのセレモニースーツを選ぶコツは、「ずっと使えるデザインやブランドを選ぶ事」「体型の変化を考えて、やや余裕が有るサイズを選ぶ事」だと言われています。

 

値段も本当に色々有ると思いますが、あまり安いと「型」が日本人体型では無く、アーム部分が細すぎたり、いざ着てみると「あらら?」と言う感じで、どこか腑に落ちないまま終わる時も有ると思います。

何となく「要らないかな〜」と抵抗が有ると言う方も、ワンランク上の女性を演出する事が十分に可能ですので、結婚や就職を機に購入してしまっても良いと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ