アイロンネームシールのはがしかた【完全版】

<スポンサーリンク>
アイロンネームシールのはがしかた【完全版】

アイロンネームシールのはがしかたには基本的なやり方が有りますので、覚えておくと便利です。

きせまめも子供の頃は知りませんでしたので、後に残った半透明の「ノリ」部分を定規で先生の話が面白く無い時に無心に削り回した事を思い出します。

 

今では、基本のはがし方を知っていますので、通学等で集団登校している子供のカバン等に半透明の「ノリ」部分を見かけると、教えてあげたくなるし、どこか可愛さを感じてしまいます。

話は戻り、アイロンネームシールは「縫ったり」「書いたり」する事が無く、非常にスマートな仕上がりに出来るのが特徴です。

 

「ピタッと」綺麗に張り付いてくれる反面、普通に再度アイロンを当てたとしても、綺麗にはがれない事が殆どですので、今記事では、「アイロンネームシールのはがし方の基本を知って頂けると良いな」と思っています。

 

アイロンネームシールの正しい「はがしかた」講座

もちろん、「油汚れ」「絵の具」等が付着したままアイロンを当ててしまうと大変な事になりますので、最初に洗濯機で綺麗に洗います。

次にアイロンネームシールをはがしたい衣類を乾燥させ、アイロンネームシールをしっかりと乾燥させた物を用意します。

 

次に捨てても良い白い布を準備します(布は要らなくなった無地のTシャツ等でも構いません)。

時々、「アイロン不可」の「ポリエステル」の話しも聞きますので、うっかりに注意です。

 

アイロンをアイロンネームシール部分に当てるのですが、要らなくなった布を当て、アイロンに焦げ跡が着かないような温度でじっくりと熱を加え、「ノリ部分」をはがし易くします。

この時に何度も「はがしてはアイロンをかける」を繰り返してしまう方法と、じっくりと熱を加えて一気にはがす方法が有ると思いますが、「じっくりと熱を加えて一気にはがす」のが、正しいはがしかたです。

 

目安としては、要らなくなった布が焦げない程度で、かなり熱く感じる位です。

 

それでもアイロンネームシールが残る場合

はがしかたが正しくても、どうしてもノリが残ってしまう場合が有ると思います。

その場合は、先ほど使用していた「要らなくなった布」を利用すると便利です。

 

要らなくなった布をノリが残ってしまった部分に直接当て、しっかりとアイロンで熱を加え、要らなくなった布にノリを付着させます。

 

それでも駄目な場合の対処法①

正しいはがしかたでも取れない場合は、薬局で気軽に手に入れる事が出来る「消毒用エタノール」をアイロンネームシール跡のノリ部分に直接染み込ませます。

取れない場合は、正しいはがしかたで触れさせて頂いた方法がちゃんと出来ていないか、細かな生地の奥にノリが入り込んでいる可能性が有りますので、お手数ですが、「それでもアイロンネームシールが残る場合」の方法を試してみて頂けると良いと思います。

 

要らなくなった布越しに「アイロンをしっかりと当て、こする」を繰り返すと良く、ティースプーンや小さじスプーン、コンビニでアイスを購入した時について来るスプーン等が便利です。

「衣類を擦ったとしても、生地が傷まない」物であれば、何を使用しても構いません。

 

細かな「ノリ」部分が残ってしまっている場合に関してですが、「ノリ」の種類によっては、正しいはがしかたとは違なり、衣類をある程度「湿らした」方が良い場合も有ります。

熱や消毒用アルコールや繰り返される洗濯によって、衣類の生地は傷んでしまいますし、少し位の細かな「ノリ」は、普通に洗濯する範囲で剥がれて気にならなくなる場合もあります。

 

「凝り性」の方は難しいかも知れませんが、時間と共に擦れや洗濯によって、「ノリ」部分が自然と剥がれていく場合が殆どですので、ある程度はがれると合格でも良いと思います。

 

きせまめの感想

アイロンネームシールの基本のはがしかたについてまとめさせて頂きましたが、上手くはがれていると嬉しいです。

最近では、「アイロン自体が無い家」も有ると言われていますので、「アイロン」自体が無いと言う方には少し酷かも知れませんが、これを機に「アイロン」も購入して頂けると色々便利だと思います。

 

きせまめの家周辺は「通学路」ですので、最近特にアイロンネームシールを特に理由も無くはがしている子供を見ると、ついつい、その後の家族の苦労を考えてしまい、何とも言えない気持ちになります。

子供同士、和気あいあいと話しながら、爪ではがしてる子を見ると、「あー」と言う感じです。

 

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ