食欲不振の原因と考えられる病気と解決策

<スポンサーリンク>
食欲不振の原因と考えられる病気と解決策

食欲不振は、思いがけない体調不良や環境の変化、ストレス等によって簡単に起きてしまう事ですが、原因を把握し、早急に対応しないと日に日に体力が落ちてしまいます。

特にウイルス系の病気が流行る時期や、夏・冬等のように健康的な方でも体調を崩しやすい時期は注意が必要です。

 

当記事では、「食欲不振」の原因と病気の可能性について説明させて頂きます。

 

食欲不振の原因と対策について

一番多いのは、食生活の変化やストレスによる物が多く、「胃のトラブル」や俗に言う「夏バテ」が食欲不振の原因としては多く、「運動不足」が原因でもなります。

「胃のトラブル」と言っても様々有り、「夏の暑さ等で水分を摂り過ぎて胃酸過多気味」「脂っこい物や刺激物の摂取による胃壁の炎症」等から、「胃炎」や「ウイルス性胃腸炎」等が有ります。

 

もちろん、胃に関する病気を発症してしまっている可能性も有りますので、病気に関しては後述させて頂きます。

上記のように「食事」「生活」が原因による「食欲不振」であれば、意外かも知れませんが、睡眠をしっかりと摂る事も有効的で、「ポカリスエット」等を飲む事も有効的です。

 

「ポカリスエット」は良いのですが、「スポーツドリンク系」は成分表示的にそれらしい事が記載されていたとしても、ジュースである事に変わりませんので、同じ飲むなら「点滴と同じ効果」が見込める物にした方が良いと思います。

直接的には関係は有りませんが、「冷たい飲み物」の飲み過ぎは、体温を下げて免疫力を下げてしまったり、胃の機能自体を下げてしまう場合も有りますので、注意が必要です。

 

食欲不振と病気

「胃炎」や「ウイルス性胃腸炎」の他には、「肝臓」「腎臓」「腸」系の病気から来る場合や、「結核」の可能性も有ります。

「結核」と言うと昔の病気に感じてしまうかも知れませんが、肺以外の場所にも感染してしまう「肺外結核」に感染している場合も有ります。

 

また、食欲不振が長引いてしまった場合、生命活動を行う上で必要である筈の栄養も摂取出来無くなると言う事ですので、病気の進行が早くなってしまったり、様々な病気が発症してしまう可能性もあります。

「肝臓」と「食欲不振」は、直接的には関係が無さそうに感じるかも知れませんが、「飲酒」の頻度が高い方は注意が必要で、肝機能が低下すると「体液」や「免疫力」にも関係して来ますので、心当たりが有る場合は注意が必要です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ