「端午の節句がユネスコ登録、実際の所と歴史」の記事一覧

端午の節句がユネスコ登録、実際の所と歴史

端午の節句がユネスコ登録、実際の所と歴史

日本の端午の節句は、中国から伝わった行事で、当時は「ちまき」を食べる位でしたが、「徳川幕府」の時代頃から、「武家社会」を中心に「鯉のぼり」「武者人形」等、現在に近い形が出来上がりましたが、少し違います。 江戸時代の中頃に・・・

このページの先頭へ