ブロッコリースプラウトのダイエット効果【衝撃】

<スポンサーリンク>
ブロッコリースプラウトのダイエット効果【衝撃】

「ブロッコリースプラウト」の「スプラウト」は「発芽させた新芽」で、「ブロッコリー」とは違い、お腹が膨れる物でも有りません。

わざわざ可食部分が少ない「発芽させた新芽」を使用するのは、「スルフォラファン」と呼ばれる成分に含まれている体内の「解毒酵素」や「抗酸化酵素」を促進する効果に注目したからです。

 

当記事では、ブロッコリースプラウトがダイエットに注目されている理由と、実際にどのような効果が期待出来るのかについて説明させて頂きます。

 

ブロッコリースプラウトがダイエットに注目されている理由

「スルフォラファン」は肝臓の機能向上にも効果が有ると言われ、ダイエット中に意識する必要が有る、「タンパク質」「糖」「脂肪」の消化吸収を効率化する「胆汁酸」の分泌を促進する効果が期待出来ます。

「胆汁酸」の分泌を促進する事によって、脂肪の消化吸収が上がりますので、ブロッコリースプラウトはダイエットに注目されています。

 

また、肝臓の機能を向上させると「褐色脂肪細胞」や「筋肉」の機能を向上させる働きも期待出来ると言う研究結果もあり、「褐色脂肪細胞」や「筋肉」を動かす上で必要不可欠な「脂肪」を使用する量自体が上がり、よりダイエットし易い身体作りが出来ると言われています。

ダイエットをより効果的に行う上で、運動による基礎代謝の向上が有名だと思いますが、ブロッコリースプラウトを定期的に摂取する事によって、同じ運動をしていたとしても、脂肪を燃焼する量が変わると言う事です。

 

もちろん、「スルフォラファン」は、「ブロッコリー」の状態でも摂取する事が可能ですが、より効率的な状態で摂取する事を考えた場合、「ブロッコリースプラウト」の状態の方が約7〜20倍近くの濃度で摂取する事が可能だと言われています。

 

肝臓の働きとダイエット

毎日の食事等によって摂取された食物に含まれている「タンパク質」「糖」「脂肪」を身体を構成する為に使用出来るようにする働きが有り、体内に蓄積する事が出来ます。

食事中に含まれている「脂肪」を処理し、消化・吸収している「胆汁」を体内で生成させているのも肝臓で、当然、機能が低下する事によってその働きも低下してしまいます。

 

他にも、体内の「血液」「体液」等を常に「ろ過」して「健康的」な状態にする働きも有り、飲酒や服薬、化学製品や老廃物等のように、身体にとってそのままでは「有害」な物質を「無害」な状態にする働きも有ります。

 

ブロッコリースプラウトの効果

「胆汁酸」の分泌を促進し、脂肪の燃焼比率と基礎代謝を上げてダイエットをより効率的にする効果が注目されていますが、ブロッコリースプラウトが注目され始めたのは、「がん予防」に一定以上の効果が有ると言う研究結果が出たからです。

肝臓の機能向上による「解毒作用」には、疲労回復効果や二日酔いの予防や緩和等の効果が有り、近年であれば、「ピロリ菌」の殺菌効果も注目されています。

 

「ピロリ菌」と聞いても、関連性がなかなか想像出来ないと思いますが、「胃がん」の直接的な原因として有名で、胃がんによる「羅患率」は、「男性」で1位、「女性」で3位です。

胃がんによる死亡率は、「男性」で2位、「女性」で3位ですので、ブロッコリースプラウトはより注目されていると言う訳です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ