たけのこのあく抜きで簡単で美味しい方法

<スポンサーリンク>
たけのこのあく抜きで簡単で美味しい方法

「たけのこ」のあく抜きで簡単なのは、「米のとぎ汁」「米」「ぬかを加えた水」「重曹を加えた水」を使用するのが一般的で、「薄力粉を加えた水」を使用する方も居られます。

普通にゆでていると比較的時間がかかってしまいますので、あまり時間をかけたく無い場合は、「圧力鍋」を使うと便利です。

 

「米のとぎ汁」をあく抜きに使用する場合は、米を研ぎ初めてから数回以内の「濃いとぎ汁」のみを使用するようにして下さい。

「米」は「生米」の事ですが、水1リットルに対して100程度使用しますので、炊き方によっては鍋に焦げ付いてしまう場合が有り、簡単かどうかは人によるかも知れません。

 

「重曹を加えた水」は、水の「PH(ペーハー)」をアルカリ性に近づける事が目的ですので、必ず重曹の箱に記載されている分量に従うようにして下さい。

「鷹の爪」を入れる理由は、「あく」による「えぐ味」を和らげる事が目的の一つですので、入れた方が良いですし、気にしないと言う方は無くても良いとは思います。

 

時間が無い場合の簡単な「たけのこ」のゆで方

仕事が忙しい時等に早くあく抜きがしたい場合は、圧力鍋で「たけのこ」が完全に浸かる量の「米のとぎ汁」「ぬかを加えた水」を沸騰させ、1%程度の「塩」を加えても良いと思います。

そこに「たけのこ」を完全に浸け、約60分以上圧力を加えながら加熱します。

 

加熱後は、圧力を加えたままの状態で「たけのこ」が常温に戻る位まで放置し、その後は「タッパ」「ジップロック」等に「煮汁」に完全に浸かった状態で約1日程度、冷蔵庫で保存します。

数日以内に食べ切ってしまう場合は、これでも調理すれば食べる事が可能ですが、ある程度保存する場合は、つけておく水分を「塩水」に変え、毎日変えたり、流水にさらす方が良いと思います。

 

ですが、それ位でしたら、「冷凍保存」した方が良いと思います。

軽く水洗いした後にラップで包み、ジップロックに入れるだけですので、毎日水を変える必要も流水にさらす必要も有りません。

 

「塩水」は1%位の濃度で良く、更に「酢」を入れる方も居られます。

大切な事は、水分にある程度の余裕を持たせる事で、「たけのこ」が少しだけ浸かる位では少し不十分な場合も有り、最初に加熱し始める頃から、火を消して常温に戻すまでの間は、一度も圧力鍋の蓋はあけない事です。

 

仕上げるまでの間は、蓋をあけて確認する事が出来ないので、その事を考えても、水分は余裕を持たせた方が良いと思います。

たけのこの保存方法【砂糖が簡単で確実】」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ