高台寺の紅葉ライトアップの見ごろと時間の注意

<スポンサーリンク>
高台寺の紅葉ライトアップの見ごろと時間の注意

高台寺は、京都でも有名な紅葉の名所の一つで、正室の「ねね」が「豊臣秀吉」のご冥福をお祈りする為に建てた寺院で、「豪華絢爛」が似合う「豊臣秀吉」が喜びそうな美しい紅葉を観る事が出来ます。

丁度、高台寺の紅葉が「見ごろ」を迎える頃には、「百鬼夜行プロジェクションマッピング」の開催期間も重なり、幻想的で言葉では言い表せない感動や迫力が有ると言われています。

 

当記事では、「高台寺の紅葉ライトアップ」の「見ごろ」を迎える時期と開催されている時間について説明させて頂きます。

 

高台寺の紅葉ライトアップが「見ごろ」を迎える時期に関して

例年であれば、高台寺の紅葉が「見ごろ」を迎えるのは、11月中旬から12月上旬頃と言われ、一番美しく紅葉が色づくのは、11月下旬頃だと言われ、夜間ライトアップされている後半の時期も当てはまりますので安心です。

もし、遠方から来られて高台寺の紅葉が「見ごろ」を迎える時期がなかなか掴み辛いと感じる場合は、11月の下旬頃を意識し、テレビや雑誌、ニュース等で取り上げられている「京都紅葉情報」も参考にすれば完璧だと思います。

 

もちろん、寒い地域から来られる方や京都の紅葉夜間ライトアップに行かれた方なら問題は無いのかも知れませんが、高台寺も含め、京都の冬の夜は冷え込みますので、「少し暖か過ぎる位の服装」で行かれた方が良いと思います。

 

高台寺の紅葉ライトアップの時間に関して

例年であれば、10月下旬から12月中旬頃までを予定してり、近年であれば10月23日から12月13日まででした。

実際にライトアップされている時間は、「日没」頃を予定しており、入門受付は夜の9時半までを予定しており、夜10時まで拝観する事が可能です。

 

紅葉が美しく色づき始める「見ごろ」は、11月の下旬頃から12月上旬頃ですので、ライトアップ開始時間は4時45分から5時半過ぎまでとバラつきが有りますし、京都でも有名な紅葉名所の一つですので、出来れば時間的に余裕を持って高台寺参拝に向かわれると良いと思います。

また、高台寺の紅葉ライトアップ期間以外の参拝可能時間は、朝9時から夕方5時頃までを予定しており、夕方の5時半を過ぎたく位の時間からは「閉門」してしまいますので、夜間ライトアップ期間中は、一度門の外に出る必要が有ります。

 

これは、高台寺だけでは無く、紅葉夜間ライトアップを実施して頂いている寺院等に多く、夕方頃から夜まで参拝し続ける事は出来無いようになっており、2回拝観料をお支払いして頂かなければならなくなります。

初めからその事を理解してお支払いして頂くのでしたら問題は有りませんが、このシステムを知ら無い方も多く、「損した気分」になる方は、意外と多いです。

 

高台寺の参拝料は、時間によって異なり、通常でしたら大人600円必要で、夜間ライトアップ期間中は大人500円必要です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ