醍醐寺の紅葉の時期と混雑情報、駐車場の注意点

<スポンサーリンク>
醍醐寺の紅葉の時期と混雑情報、駐車場の注意点

「醍醐寺」は、1200年以上の歴史と200万坪の広大な敷地面積を誇り、豊富秀吉が「醍醐の花見」を行った事でも有名で、世界遺産にも登録されました。

紅葉が「見ごろ」を迎える時期には、国内外を問わず、沢山の観光客で賑わいます。

当記事では、醍醐寺の「紅葉の時期」と「混雑状況」、「駐車場」に関する情報を説明させて頂きます。

 

醍醐寺の紅葉の時期と「見ごろ」

毎年、11月の中頃から12月の上旬まで醍醐寺の紅葉が美しく色付く時期で、11月下旬から12月の初旬までの間が「見ごろ」です。

基本的に京都の平均的な紅葉開花時期と同じですので、テレビやインターネット等の紅葉開花情報をリアルタイムで確認してから行くのが確実です。

 

醍醐寺の夜間特別拝観は、夕方6時から始まり、日中開放されている通常拝観とは「完全入れ替え制」になりますので、注意が必要だと思います。

通常拝観の時間は、朝9時から夕方5時迄で、受付けは夕方4時半迄です。

 

夜間特別拝観は、毎年11月中旬から12月上旬にかけて開催され、夕方6時から夜8時10分迄で、夜8時50分には完全に醍醐寺から出なければなりません。

醍醐寺の夜間特別拝観を利用する場合は、大人1000円が必要になります。

 

醍醐寺の紅葉の時期の混雑に関して

敷地面積が広く、紅葉が美しい場所も1か所と言う訳では有りませんので、醍醐寺に入ってしまえば、そこまでの混雑は有りません。

ただ、醍醐寺の紅葉が「見ごろ」を迎える11月下旬から12月上旬頃の土曜日と日曜日はある程度は混雑します。

 

また、海外からのツアー客がまとまって来た場合は混雑してしまい、時間的にはお昼頃に観光プランが組まれている場合が多いです。

この時に混雑し易いのは、「お手洗い」で海外からのツアー客がまとまって来ますので、注意が必要です。

 

紅葉が「見ごろ」を迎える時期の醍醐寺自体の観光に関しては、そこまで混雑する事は有りませんが、周辺の食事スポットは人気な場所が多く、お昼頃は大変混雑してしまいます。

特に土曜日・日曜日のお昼は、「何処か美味しい所が有れば寄ろう」程度の気軽な気持ちで行くよりは、どこかお店に目星をつけておくか、少し早めに出かけたり、可能であれば予約しておいた方が良いと思います。

 

醍醐寺の駐車場選びの注意点

100台前後利用出来る駐車場が有りますが、醍醐寺の紅葉の時期は混雑しますので、公共機関もしくは、周辺の有料駐車場の利用が確実です。

また、夜間特別拝観が開催されている時間は、醍醐寺の駐車場自体利用する事は出来ませんので、注意が必要です。

 

醍醐寺「紅葉の見ごろ」と「夜間ライトアップ」」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ