立山黒部アルペンルートの混雑状況と対策

<スポンサーリンク>
立山黒部アルペンルートの混雑状況と対策

立山黒部アルペンルートは、「立山駅」→ケーブルカー→「美女平駅」→高原バス→「室堂駅」→立山トンネルトロリーバス

→「代官峰駅」→立山ロープウェイ→「黒部平駅」→黒部ケーブルカー→「黒部湖駅」→

 

歩き→「黒部ダム駅」→関電トンネルトロリーバス→「扇沢駅」までの間です。

特に混雑が激しいのは、「ゴールデンウィーク」「お盆」等の大型連休中です。

 

一番混雑が「辛く感じる」のは、「ケーブルカー」で、数時間待ちも有りますので、余裕が有れば、「始発」に近い時間帯を狙うのが良いです。

「ゴールデンウィーク」の立山黒部アルペンルートは、始発でもある程度混雑している年も有ります。

 

「最終便」も夕暮れ時位ですし、どこの観光地でも言える事かもしれませんが、皆同じような目的と移動ですので、どうしても同じような時間帯に混雑してしまいがちです。

 

少しでも混雑を避ける為に

乗り継ぎレールでは、混雑時に「整理券」が配布される事が多く、その場合、移動先で一番先に優先するべき事は、「整理券の確保」です。

「事前予約」等は「WEBきっぷ予約」以外有りませんので、「当日」にそれぞれの駅で「整理券」を確保する必要が有ります。

 

シーズン中であれば、常に「満員電車」以上の混雑具合ですので、移動先で一息付く前に確保した方が良いと思います。

「整理券」が配布されない場合は、「並ぶ」必要が有りますので、状況に応じて対応する必要が有り、「トロリーバス」にも共通して言える事です。

 

混雑する場所と時間帯

「立山駅」「室堂」「扇沢」が特に混雑し、「立山」「扇沢」は朝の9時頃から昼位までの間の時間帯が大変混雑します。

「室堂」に関しては、昼過ぎから昼の3時頃までの間が混雑します。

 

夕暮れ時には最終便も無くなってしまいますので、非常に混雑する事でも有名です。

 

混雑しない時間帯

「立山駅」から「扇沢駅」まで混雑しない時間帯は、昼の一時頃から夕方の5時頃です。

もちろん、状況によっては、若干混雑してしまう可能性も有りますが、ピーク時と比べると快適だと思います。

 

立山黒部アルペンルートの「WEBきっぷ予約」

「立山駅」から始まり、「室堂」「大観峰」「黒部湖」「扇沢」へと通じる「ケーブルカー」の予約が出来ます。

 

立山黒部アルペンルートの何が目的かで代わります

室堂駅周辺から「立山神社」への道は、混雑します。

また、「美女平駅」に用事が無い場合は、「立山駅」から「室堂」へと直接行けるバスも有ります。

 

立山黒部アルペンルートの服装と注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ