平等院の紅葉の見ごろと混雑、駐車場選びの失敗

<スポンサーリンク>
平等院の紅葉の見ごろと混雑、駐車場選びの失敗

平等院は、「世界遺産」の一つで「10円玉」に描かれてい事でも有名です。

紅葉の季節とは違いますが、「砂ずりの藤」と呼ばれる「藤の花」も有名で、「藤原家」との関係が深い寺院の一つですし、琵琶湖から繋がる宇治川との風景が美しく、紅葉の時期を迎える頃には、国内外問わず、沢山の参拝客や観光客で賑わいます。

 

当記事では、平等院の紅葉ライトアップと見ごろ、混雑状況と駐車場選びの注意点について説明させて頂きます。

 

平等院の紅葉ライトアップは未定

夜間ライトアップが「一般に公開」される年とされない年が有りますので、毎年必ず平等院の紅葉ライトアップが「一般的に公開」されると言う訳では有りません。

 

平等院の紅葉の「見ごろ」について

京都の平均的な紅葉の「見ごろ」と同じように、平等院の紅葉も11月下旬から12月上旬頃までが「見ごろ」です。

 

平等院の紅葉の時期に関して

京都の紅葉が色づく時期に平等院の紅葉も色づき始めますので、毎年11月頃から順に美しく色づき始めます。

紅葉の終わりに関しても、毎年12月上旬頃までですので、テレビや新聞、雑誌やインターネット等にある「京都の紅葉情報」等を参考にすれば問題は無いと思います。

 

平等院の紅葉の混雑状況について

特に紅葉が「見ごろ」を迎える頃には、沢山の方が来られ、「平等院鳳凰堂」に入られる方が多く、数時間待ちが普通です。

特に混雑するのは、午前中からお昼過ぎにかけてですので、出来るだけ早く行くか遅く行く、平日に行く等で回避するしか有りません。

 

平等院の南門周辺に駐車場が有り、その周りにも探せば有料駐車場が有りますが、料金が高く、渋滞に巻き込まれる場合が殆どですので、バスや電車等の公共機関の利用が便利です。

「京阪宇治駅」「JR宇治駅」から平等院は近く、周辺には飲食店や食事やお菓子の販売も充実している有名なお茶屋さん等も有りますので、ゆっくりと紅葉観光出来る環境です。

 

平等院の紅葉の時期の駐車場選びの注意点

先ほど説明させて頂いた通り、「鳳凰堂南門」前には駐車場が存在しますが、紅葉が「見ごろ」を迎える時期には、午前中からお昼位には「満車」状態なのが普通です。

「鳳凰堂南門」前の駐車場の駐車スペースは、普通車で200台位ですので、毎年の拝観者や観光者の人数を考えると、早めに行くしか方法は有りません。

 

周辺の有料駐車場(コインパーキング)に関しても、お昼位には満車状態の場合が多く、どこも10台前後位しか駐車出来るスペースしか有りませんので、公共機関の利用が確実です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ