善光寺の紅葉、見逃せない時期と見ごろに関して

<スポンサーリンク>
善光寺の紅葉、見逃せない時期と見ごろに関して

「善光寺」は「源頼朝」「武田信玄」「徳川家康」等が通った事でも有名で、「江戸時代」の最後辺りからは、「一生に一度は善光寺詣り」と言う言葉が流行った位で、現在でも「牛にひかれて善光寺参り」と言う「ことわざ」が存在する位です。

紅葉だけでは無く、桜が美しい事でも有名で、「見ごろ」を迎える時期に差し掛かる頃になると、非常に沢山の観光客の方が来られる事でも有名です。

 

当記事では、善光寺の紅葉が美しい時期と「見ごろ」、アクセスと駐車場に関して説明させて頂きます。

 

善光寺の紅葉が美しい時期

善光寺が有る長野県全体の紅葉の時期は、例年であれば9月下旬から11月下旬頃まであと言われており、善光寺の紅葉の時期は、10月上旬から11月の上旬まで楽しむ事が出来ます。

もちろん、紅葉の「時期」や「見ごろ」は、その年の気候風土等にも大きく関係してしまいますので、長野県の紅葉情報等を参考にするのが一番確実です。

 

遠くから善光寺に来られる予定の方は、「長野県南部」の紅葉開花状況や時期、「見ごろ」等の情報を参考にするのが良いと思います。

 

善光寺の紅葉の「見ごろ」に関して

善光寺の紅葉の「見ごろ」は10月の下旬頃だとされ、11月の上旬を過ぎる頃には過ぎてしまっている場合が多いと言われています。

ですので、「見ごろ」に関しては、その年によって異なりますが、10月の中旬から下旬までを「一応の目安」にするのが良いと思います。

 

善光寺へのアクセス

車で来られる場合は、「長野県長野市元善町491」に有り、「長野インターチェンジ」もしくは「須坂長野東インターチェンジ」を経由される方が大半で、45分前後で到着します。

電車で来られる予定の場合は、「JR長野駅」に向かう必要が有り、「善光寺口バスロータリー・善光寺方面行き1番乗り場」に乗車後、「善光寺大門」バス停を降車し、目と鼻の先の距離に有ります。

 

善光寺の駐車場に関して

善光寺には第1から第3、第5駐車場まで存在し、第4駐車場も存在しますが「宿坊の方のみ利用可能ですので、紅葉観光客の私達は利用する事は出来ません」。

もちろん駐車場料金は必要ですが、4か所の駐車場共に24時間利用出来ますので、安心して利用する事が出来ます。

 

駐車場料金に関しては、「乗用車」が500円(2時間迄)で、2時間以降は1時間毎に200円ずつ加算される仕組みです。

「バイク」の駐車場料金に関しては、300円必要ですが、原則としては「時間加算」等は有りません。

 

ですが、善光寺の方の善意で加算されていないだけの話ですので、常識の範囲内で関係者の方にご迷惑をかけないように利用したい所です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ