結納金の相場と本来の意味合い、時代の変化

<スポンサーリンク>
結納金の相場と本来の意味合い、時代の変化

結納は、新郎と新婦の「結婚」をきっかけに、両家が「結ばれる」事に対し、お祝いの気持ちを「納め」て頂く、儀式的な行事の事で、一昔前でしたら、「箪笥」「着物」等の「物」で「結納金」に対してのお返しをする事が「一般的」とされて来た時代が有りました。

今では、自分の大切な育てた娘を「結納金」と言う「お金」と交換する事に対して、何かしらの疑問を持つと言う肩も多いです。

 

結納金の相場について

「結納」が開かれた場合の「結納金」は、「結婚」か「養子縁組」、「家柄」や「地域性」等のよって大きく変わります。

恋愛婚や紹介等の「結婚」の結納金の相場は、50万円から100万円位だと言われています。

 

「養子縁組」の結納金の相場は、200万円から300万円だとも言われていますが、一般的な結納と同じ50万円から100万円の場合も有り、状況によって変わる場合があります。

「養子縁組」は、「婿取り」とも言われている位ですので、一般的な結納金が渡される「男性から女性」では無く、「女性から男性」に結納金が渡されます。

 

結納金の目的

最近では、「結納」の目的自体が少し「ズレ」て来ており、婚約が確約し、新郎や新郎家族から「結納金」と言う「お金」を支払うような流れが定着して来ており、「結納」自体がとり行われ無い場合は、新婦や一部の新婦家族側が不安に思ってしまう場合も有るかも知れません。

ですが、当時は、新郎や新郎家族から、「花嫁衣装」や「箪笥」等を新婦の為に用意するのが「結納」でした。

 

ですので、新婦家族が「結納金」を受け取り、新婦へ渡らないのは、本来の「結納」とはズレてしまいます。

相場より少ないからと言って、何も気にする必要はありません。

 

結納金は時代に合っている?

両家が納得した上で前向きな意思で「結納」を行い、「結納金」を渡すのであれば問題は有りませんが、今のように「恋愛結婚」「お見合い」「ご紹介」等で結婚するのであれば、当時のように、「有無を言わさず結婚させる」時代では有りません。

昔からの「慣習」「儀式」を「形式の一つ」として行っているだけとも言えます。

 

現に、全国的に見ても、「結納」を開く事自体が減って来ていますし、今では「結納をしない」場合の方が多く、「結納」を開いても「結納金は無い」と言う場合も多いです。

両家が「結納」に前向きであれば「結納金」の相場は、ある程度参考にする必要はあるかも知れませんが、「両家顔合わせの食事会」と「結婚記念品のお渡し」と言う流れも最近の主流の一つです。

 

両家顔合わせの段取りは?結納が無い場合も」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ