結婚記念品のお返しの相場は?重要なポイント

<スポンサーリンク>
結婚記念品のお返しの相場は?重要なポイント

一般的に結婚記念品と呼ばれるのは、「婚約指輪」「結婚指輪」だけでは無く、「ネックレス」や「ビアス」、「イアリング」やネックレス」を新郎から新婦に送る物だと言われています。

ですが、最近では新婦から新郎へ結婚記念品を送る事も多く、「ネクタイピン」や「スーツ」、「バッグ」や「カフスボタン」、「腕時計」や「ファッション指輪」を送る場合も増えています。

 

夫婦でもサプライズや毎日の感謝の気持ちを伝える習慣が盛んになって来ており、「結婚記念品」等にも積極的な方が増えて来ています。

そこで気になるのが、「そもそも、お返しをするものか?」と「相場はいくら位なのか?」に関してです。

 

結婚記念品のお返し相場

お祝い等で頂く事が有る「ご祝儀」の「お返し」や「内祝い」と同じ、その金額の30%前後位が相場で、50%を超えない程度に収めるのが「感謝の気持ち」としては適していると言われています。

「お返し」は「感謝の気持ち」を形として伝えるのが目的ですので、相手が喜ぶ物なら金額や相場を気にしなくても良いと言う意見も多いです。

 

結婚記念品のお返しは何が良い?

基本的にですが、「各種お返し」や「内祝い」等を「品物」にしようと考えられている場合は、「肌着」や「腰より下に付ける物」は適していないとは言われています。

「結婚記念品」ですので、季節等を気にず使用する事が出来、劣化しにくく、「毎日」もしくは「特別な日」に身に付けられる物が人気です。

 

具体的に言うと、新郎に向けるのであれば、「腕時計」「ネクタイピン」「シルバーアクセサリー」「万年筆」等の「貴金属系」が定番だとされています。

意外かも知れませんが、「シューズ」「ベルト」「スーツ」「ファッション指輪」等のように「フィッティング」が必須もしくは、望ましいと言われている物は、「サプライズ的」にお渡しする予定でしたら、あまり適しているとは言えません。

 

「控えめ」「上品」「高級感」等を意識して結婚記念品のお返しを選ぶと、主張し過ぎる事も有りませんので、喜ばれる可能性が高いです。

新郎側は「恥ずかしさ」が有るかも知れませんので、なかなか難しいかも知れませんが、お返しには「お手紙」を添えるのが一般的です。

 

「これ・・・」と言ってお返しする方も多いとは聞きますが、是非、感謝の気持ちを伝える一言を添えて頂けると幸いです。

婚約指輪はいつつける?結婚後の疑問を解消」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ