結婚式費用節約術の成功例とやっては駄目な事

<スポンサーリンク>
結婚式費用節約術の成功例とやっては駄目な事

「結婚式幾ら位するんだろ〜」ペラペラ(某結婚雑誌)「げっ!高すぎ!」と思う事も多いと思います。

きせまめも友人や知人、会社関係の方が結婚された場合、必ず皆の話題に挙がるのは、「結婚式に必要な費用」です。

 

でも、「え?こんなに豪華なのに、そんなに安く済んだの?」と言う方もたまに居られ、そう言う方は、「費用節約術」を上手く活用されている場合が殆どです。

ちなみに、結婚式に必要な費用の平均相場は、約350万円です。

 

この結婚式費用の相場は、結婚式に招待する人数平均の約65人。

ご祝儀を1人当たり約3万円だと計算していますので、上手くやれば費用が大きく変わる筈です。

 

ご祝儀総額はを単純計算すると

(65人×3万円=185万円です。

 

費用350万−195万=155万になり、155万円が新郎新婦が用意する費用と言った風に思って頂くと良いと思います。

で・す・が、新婚旅行と結婚してからの生活費が必要になりますので、出来れば結婚式費用節約術が知りたい所だと思います。

 

きせまめの友人や知人の話になりますが、無理に一から揃えようとしない事で、2人で生活していく内に必要な物を購入した方が良いと思います。

これは、車選びとかにも言える事で、きせまめはミニバンかセダン、出来ればスライドドアと言う乗り降り楽ちんで使い勝手が良い車が欲しいのに、相手は、「本格SUV」とか抜かしよると言ったトラブルが起こる可能性も有りますので、結婚式費用に限らず、「節約術」は大事だなと。

 

話は戻り、結婚式費用節約術を成功させる為には、ウェデングプランナーとの「相互理解」が重要で、結婚式は慈善事業では無いので、基本的に「金額が多ければ多い程良い」には変わりません。

 

ウェデイングプランナー「是非、◯◯(オプション)しましょう!絶対盛り上がりますよ!」

友人「え?ちなみに、それは幾ら位するんですか?」

 

ウェディングプランナー「はい!本来は32万円ですが、本日中に決めて頂ける方に限り、25万円に出来ますよ(満面の笑顔)」

友人「・・・・・・(ウアー、コレ、アカンヤツヤ)」

 

とか、

友人「これ、他よりもかなり高いのですが、何が違うのですか?」

ウェディングプランナー「この価格は、こちらも赤字覚悟でやってますので」

友人「・・・・・・(ウアーウアーウアー)」

 

ですので、料金が気になる項目に関しては、しっかりと質問し、「プラン毎の違い」「本当に他で用意出来ないのか?」をしっかりと考える事が「結婚式費用節約術」には必須です。

その為には、ウェディングプランナーと「コミュニケーションが心地よく取れるか?」は重要で、合わなければ担当を変えて貰った方が良いです。

 

でも、変えるのは勇気が入りますよね!

 

結婚式費用節約術を成功させる為に

◯ペーパーアイテム

「ペーパーアイテム」は実は自分で印刷出来る程度であったり、「ロフト」「楽天」等で購入したり、パソコンでテンプレートをダウンロードして自作する事も可能です。

 

◯「テーブルフラワー」

「プチギフト」

「両親への手紙」

「テーブルフラワー」は、量を減らして節約する事が出来る場合も有り、「プチギフト」「両親への花束」への流用でコスト削減も可能です。

 

◯「アルバム」

「アルバム」は、外装やページ数で価格が大きく変わり、グレードによって、数万円以上は変わりますので、その時の雰囲気では無く、「本当にその価格を出す必要は有るのか?」を考えてから購入すると良いと思います。

通常であれば、USBメモリ等で結婚式の写真は頂けますので、後日別の場所で「製本」して頂く事も可能で、より豪華で安く出来る場合が殆どです。

 

◯「披露宴の料理」

「披露宴の料理」は、ある程度の単価以上になってしまうと、「自己満足」になってしまう場合が有ります。

特にご高齢者や女性によっては、「和牛」「フォアグラ」「生クリームのケーキ」「パイ」等が連続してしまうと苦痛になってしまう場合が有り、皿数が少なく「貧相」になら無い程度であれば、無理して上の価格帯にする必要は無いと思います。

 

その価格を「引き出物」「引き菓子」等の「残る物」にした方が良いとも言われています。

結婚式は新郎新婦が主役ですが、出来れば招待客全員に心から満足して頂きたい物ですので、「心からのおもてなし料理」として感謝の気持ちが伝わるのであれば問題は無く、無理をして高い料理を用意するのが「おもてなし」とは限らないと思います。

 

ただ、「最低価格ラインの料理コース」は言わゆる「比較用」に存在する場合が有りますので、「貧相」で物足りない場合が多く、必ず試食して納得した方が良いです。

 

「ブライダルフェア」利用が費用節約に繋がる場合も

「ブライダルフェア」は積極的に利用した方が、その日に契約したからこそ出来る「割引き」が沢山有りますので、少しでも費用節約術に繋げる為にも利用した方が良いと思います。

実際の割引き金額を考えた場合、意外と『結婚式費用節約術」では大きなウエイトを占める場合も多々有ると言われています。

 

結婚式費用節約術で失敗するパターン

「結婚式費用節約術」で失敗し易いのは、

 

◯「手作り品ばかり」

◯「司会を友人」

◯「ホームパーティー形式」

◯「花のランクを落とす」

◯「ドレスを節約し過ぎてしまう」

 

等ですので、「本当に必要な物は節約しないまずは、当記事で紹介させて頂いている方法を考慮してみて、「見積もり」を立ててみて下さい。

 

きせまめの感想

「結婚式の費用はケチらずにパッと挙げよう」と言う強者も居ますが、「抑える所を抑えて新婚旅行等に当てた方が良かった」と言う意見も多いので、きせまめも「抑えられる所は抑えたい派」です。

結婚式費用節約術と言っても、ロフトや東急ハンズに関連商品が沢山販売されていますので、デートがてら行ってみるのも良いと思います!

 

良い結婚式にして下さいね!

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ