結婚式費用の内訳と、婚約に至るまでの金額

<スポンサーリンク>
結婚式費用の内訳と、婚約に至るまでの金額

結婚式の費用が高額になる事が多く、いくらお祝いだからと言って、あまりに超過してしまうのも考え物で、平均的な内訳の目安等を把握しておきたい所だと思います。

今回は、結婚式自体の費用に関してで、新婚旅行に関しては「海外」「国内」で費用が全く異なりますので、内訳には入れていません。

 

結婚式費用の内訳

まず、「婚約」と「結婚式」に分けた場合の大まかな費用内訳に触れていきます。

「婚約」に関しては、「結納」「顔合わせ」「婚約指輪」を行われる場合が多く、「結婚式」に関しては、「結婚指輪×2」と「結婚式」を行われる場合が多いです。

 

「結納」費用は会場レンタル代も含めた場合、10〜15万円が平均相場と言われています。

「顔合わせ」費用に関しては、「新郎家族への顔合わせ」「新婦家族の顔合わせ」「両家顔合わせ」が有り、「両家顔合わせ」以外の顔合わせには、「手土産」が必要です。

 

「各家族への顔合わせ」に関しては、5千〜1万円位の価格帯のコースを選び、「個室」を選択します。

「手土産」の費用に関しては、ご挨拶時の手土産の平均相場は3千〜5千円だと言われています。

 

「婚約指輪」の費用に関しては、平均して30万円前後と言われ、一時期の事を考えると平均相場は低めです。

「結婚指輪」の費用に関しては、新郎新婦のふたり分で平均して「20万円前後」と言われていて、新婦側の方が単価は高いです。

 

挙式や披露宴の平均相場は「350万円」と言われています。

 

結婚式の費用内訳

一番費用として大きいとされているのは、結婚式当日の「料理とお飲み物」に関してで、平均して120〜130万円位だと言われています。

その次に費用として大きいとされているのは、「新郎新婦」の衣装で、平均して60万円位だと言われていて、当然「新婦」の方が高額です。

 

次に費用として大きいのが「引き出物・引き菓子・プチギフト」関連で、平均して30〜40万円位だと言われています。

単純に挙式を挙げるだけの「挙式料」に間しては、20〜30万円位が平均相場だと言われています。

 

当日の新郎新婦のお席や招待客のお席周辺をより一層華やかな物にする「装花」に関しては、15〜20万円位が平均相場だと言われています。

その他にも、「集合写真」や「式の当日のお写真」を含めた「アルバム」費用等に関しては、20万円以上が平均相場だと言われています。

 

また、「結婚式当日に流すムービー」「プロの司会」「ブーケ」「新婦のブライダルエステ」等は各5〜10万円位が平均相場だと言われています。

それ以外に「余興」「受付け」の方へのお礼、「遠方から来られた方」への「交通費」「お車代」等が必要になる場合が多いですし、「前撮り」「写真撮影(別の日)」等の費用に関してもオプションによっては必要です。

 

結婚式の費用負担はご祝儀でどれ位補える?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ