結婚式の費用「負担額を抑える時に知りたい事」

<スポンサーリンク>
結婚式の費用「負担額を抑える時に知りたい事」

結婚式の費用はお世辞にも安いとは言ない場合が殆どで、「400万位ぃい!」「え?600万!!」と言った非常に景気の良い話が飛び交う事が多いと思います。

逆に「あんなに良い結婚式が200万!」と言う話も出たりします。

 

きせまめも結婚式を挙げた友人達と集まり、「長丁場」になった時は、結構「結婚式、幾らかかったよ?」的な費用の話が出ます。

結婚式の費用は高額ですので、一般的な社会人では負担額が大き過ぎると言う認識の方が多いと思います。

 

費用を抑えても満足度が高い結婚式も

ですが、最近では「格安プラン」等、色々と簡略化された結婚サービスも増えて来ています。

それに、「新郎新婦が挙げる物」と言うイメージを強く持たれている方も多いと思いますが、招待客の選び方によっては、大幅に費用を軽減する事も可能です。

 

また、「親族」の為の結婚式でもあると言う意見も有り、親族に結婚式の費用の負担額を軽減して頂くと言う方も意外と多く、助けて頂けるのであれば、全く問題無いと思います。

 

もちろん、親族が費用の負担額を軽減出来なかったとしても何ら恥ずかしくも珍しくも有りませんし、きせまめも同じ状況です。

繰り返しますが、招待客として来て頂いた方からの「ご祝儀」も有りますので、想像されているよりは、実際に必要な負担額は少なく済んだと言う方が多いです。

 

結婚式に憧れている方は、是非最後まで諦めずに「2人だけの理想の結婚式」を挙げて下さい!

 

結婚式が開かれる場所によって費用は変わる?

結婚式に必要な負担額を出来るだけ少なくしたい場合は、「ホテルウェディング」や「各種結婚式場」、「レストランウェディング」だけでは無く、「教会」「神社」等も視野に入れると良いと言われています。

ただ、「教会」「神社」は比較的有名な場所が良く、そう言った場所は、結婚式も視野に入れている事も多く、サービス等を考えると「各種結婚式場」と変わらない場合が多いのも事実です。

 

きせまめが過去に招待された教会は、最早「結婚式会場専用」と言った感じで、純粋な教会としては機能していないみたいでした。

話は戻り、「教会」や「神社」は、「ホテルウェディング」と比較した場合、「静か」で「混雑」しにくく、結婚式費用の負担額も低い場合が多いです。

 

どうしても、「ホテルウェディング」は同じフロアで何組も挙式を挙げてしまっている事が多く、「お手洗い」等が混雑してしまう場合が多いです。

他の会場の「話し声」「音漏れ」が気になったと言う意見も多いです。

 

実際にきせまめが大手ホテルの結婚式に招待された時、写真やビデオに残るからだと思いますが、一般的なお手洗いよりも「入念な化粧直し」をされている方が多く、席に戻った時に遅すぎて友達に心配された経験が有ります。

一般的な「教会」「神社」は結婚式を視野に入れていない場合が殆どですが、「挙式」のみ挙げる事が出来る場合が有ります。

 

後は新郎新婦が憧れていたり、デート等でよく利用したレストラン等で「おもてなしの食事会」等を開く等をされている方も居られますし、席数が確保出来るのであれば、心良く受け入れて頂ける場所も増えて来ているみたいです。

席数にもよりますが、レストラン自体「貸し切り」にする場合が多く、事前に「ウェルカムボード」や「ウェディングケーキ」の持ち込み等にも対応している所も有ります。

 

結婚式の費用負担額を大きく下げる事も可能です。

また、結婚式の費用負担額が気になるので、何らかの「形」だけ残し、「新婚旅行」等に費用をかけたい場合は、「写真館」で写真を残したり、「前撮り」も一緒に残される場合も有ります。

 

きせまめの感想

お互い忙しくてなかなか時間が確保出来ない場合が多いと思いますが、「自分達で自作出来る物は自作しよう!」と言う方も多く、ロフトや東急ハンズに行けば結構見つかります。

きせまめ的には、「ABCクラフト」と言う手芸やアクセサリー作り等の自作パーツ専門店がオススメで、びっくりする程安くて品揃えが良いです。

 

面白い商品が沢山有りますので、是非参考にしてみて下さいね♪

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ