新婚旅行、ハワイの相場と費用削減の落とし穴

<スポンサーリンク>
新婚旅行、ハワイの相場と費用削減の落とし穴

新婚旅行にハワイを選んだ時の相場は、旅費が1人辺り20万円前後ですので、新郎新婦2人を合算した時の相場は、40万円前後とみて頂いた方が良いと思います。

滞在期間中の買い物等が1人辺り25万円前後ですので、新郎新婦2人の費用を合算した時の相場は、50万円前後をみて頂いた方が良いと思います。

 

新郎新婦2人「旅費の相場は40万円前後」+「買い物や食事の相場は50万円前後」=「費用合計の相場は90万円前後」

 

新婚旅行でハワイを選んだ時に抑えるコツ

ハワイに限らず、新婚旅行や普通の旅行に行く場合、費用内訳の大部分を締めてしまうのが、「宿泊代」「買い物代」ですので、そこまで奮発して宿泊する必要は無いと感じる方は、一般的な宿泊プランを選択した方が良いと思います。

あと、「羽田発」は一番高いので、抑えたい場合は、「羽田発」は避け「名古屋発」「関西発」「福岡発」も参考にしてみて下さい。

 

また、期間については、「1月中旬から下旬」「4月上旬から中旬」「5月大型連休明け直後」「7月上旬から中旬」「10月」「11月」「12月上旬から中旬までのホノルルマラソンを除く」

曜日に関しては、「金曜」「土曜」は相場が高いので出来るなら外して下さい。

 

新婚旅行の相場と期間

宿泊する期間については、5泊7日前後にされる方が多いです。

2人のトータル費用は、100万円以下と言う方が多く、比較的費用を抑える事が出来た場合は、80万円を少し超える位で済んだと言う方も多いです。

もちろん、有名ブランドの20万円以上や、50万円以上するような商品を購入するのを除いた場合の相場です。

 

新婚旅行とブランド品の免税

ハワイだけでは無く、新婚旅行で海外に行く場合に記念に購入されたり、友人や家族に頼まれたりするのが、「カバン」「時計」「アクセサリー」等の「免税」対象のブランド品です。

結婚式と言うセレモニーを終え、「一生に一度の思い出作り」ですので、「せっかくだから買おう」と言う方が大半ですので、ある程度ブランド物に興味が有る方は、相場に組み込んでおいた方が良いと思います。

 

絶対に新婚旅行で行ってはいけない事

殆どの方は、新婚旅行は初めて行く場所にしていると言う方も多く、最近はインターネット等で「裏ワザ」「体験記」「費用削減法」等も簡単に閲覧出来るようになっています。

もし、ハワイであれば、地理や英語、地域性等に精通していない場合、独自でプランを組むのは危険ですし、インターネットで予約するのも考えものです。

 

特に新婚旅行の相場等を知りたい方は、少しでも費用を抑えて他の思い出に投資「買い物」「食事」「クルージング」したい所だと思います。

そう言った場合は、大手旅行会社の窓口で自分の要望に合わせて専門の方と一緒にプランを作る方が確実でトラブルは少ないです。

 

旅行記等でもそうですが、誰でも失敗談は話さない物ですし、現在はどこの旅行会社も価格競争が激しい時代です。

相場を気にして新婚旅行が苦い思い出になる位でしたら、相場内で納得の行くプランを選んだ方が良いです。

 

実際、大手だからこそ出来る価格も有りますので、そのインターネット上の情報が本当に自分に合っているのか?その相場は本当なのか?も確認する意味合いを兼ねて行ってみて下さい。

決して、「あなたがお金を落とすのを、手ぐすね引いて待っている」と言う事は無いと理解して頂ける筈です。

 

ハワイでの新婚旅行を相場以下に抑えるコツは、若い担当や信頼感が低そうな担当は外し、出来るだけ上の方にプランを練って貰う事です。

数回しかハワイに行った事が無い担当と、十年以上毎年のようにハワイに行っている担当では、お客様を見て来た実績が違い過ぎます。

 

結婚式の費用負担はご祝儀でどれ位補える?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ