婚約指輪のタイミング、挨拶につけるのは?

<スポンサーリンク>
婚約指輪のタイミング、挨拶につけるのは?

婚約指輪は文字通り、近い将来、結婚を約束して頂く事が可能かどうかを確認する為に用いられる指輪で、結婚を前提としてお付き合いして頂く事の「肯定」もしくは「否定」を確認する為に用いられる事が多いです。

ですので、「プロポーズ・婚約指輪」→「新郎から新婦家族への挨拶」→「新婦から新郎家族への挨拶」→「両家顔合わせ」が大まかな流れです。

 

また、無事プロポーズが成功した後に気になるのは、「婚約指輪をいつからつけ始めるのが正しいのか?」「新郎または新婦の顔合わせ時に婚約指輪はつけるべきなのか?」についてだと思います。

特に最近では、「結納」も省略している方も多く、婚約指輪をつけ始めるタイミングや、新郎または新婦、両家顔合わせ時につけるのは、実際の所は「どうなのか?」は気になると思います。

 

新郎または新婦の挨拶時に婚約指輪はつける?

「結納」が有る場合は、結納当日に新郎から新婦に婚約指輪を渡す事が一般的で、タイミング的には、「結納」終了後から婚約指輪をつけ始めると言う方が多いです。

理由は、結婚は新郎と新婦だけの物では無いとも言われており、「新郎から新婦家族への挨拶」「新婦から新郎家族への挨拶」と言うのは、ただ単に「◯◯様と交際させて頂いている◯◯です。晴れてご結婚させて頂く予定ですが、宜しいでしょうか?」と言う事を各親にご挨拶とご紹介を兼ね、承諾を得る物です。

 

もちろん、「結納」が行われ無い方も多く、地域や考え方によって異なりますが、「結納」が行われ無いのは駄目と言う事は有りません。

その場合は、「両家顔合わせ」の時に婚約指輪を渡すのが良いと言われています。

 

つまり、「結納」「両家顔合わせ」をしない限り、片方の親からしか確認を取っていない状態ですので、結婚する約束が確定している状態では無いとも言われています。

プロポーズが成功し、婚約指輪を渡したとしても、新郎と新婦だけがお互いの意思を「個人間」で確認しただけです。

 

新郎から新婦家族側へご挨拶に行く場合、新婦から新郎家族側へご挨拶に行く場合も、「各ご家族様」で承認しただけです。

「両家顔合わせ」「結納」等、両家が立ち会っている状態で、プロポーズ後に改めて新郎側から新婦側に婚約指輪をお渡しし、その意思と共に受け取る事を両家が確認し、承認する事が、「両家顔合わせ」「結納」の意味だとも言われています。

 

この時から晴れて婚約は成約していますので、「両家顔合わせ」「結納」を無事終えた後が婚約指輪をつけ始めるタイミングとして適切だと言われています。

婚約指輪をつけるタイミングの選び方と最近」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ