喪中の結婚式、招待に関する常識と非常識

<スポンサーリンク>
喪中の結婚式、招待に関する常識と非常識

「自分の結婚式に対して喪中の方を招待する場合」と、「自分の喪中と結婚式が重なってしまう場合」が有ると思います。

後述しますが、招待されたのに喪中の方、新郎と新婦、新郎新婦家族が理解して頂いているのでしたら、「49日を過ぎていれば問題ない」と言うのが正しいです。

 

また、「招待したい方と不幸になられてしまわれた方との間柄」、「自分と不幸になられてしまわれた方」もそれぞれ「喪中」の期間が異なりますが、今は「一周忌」までが「喪中」と言う捉え方が一般的です。

一般的には、「喪中で1年以内だから祝い事は無理」と大きな勘違いをされている方も多く、「結婚式」と言うハレの日を出席しないと言う「失態」を犯される方も多いです。

 

そもそも喪中で祝えない理由は?

喪中は、不幸になられてしまった方に対し、「心から悼む」期間を設ける事ですので、「祝い事」に自分から進んで行かず、外出は控え、肉やお酒、音楽等の娯楽も控え、生命活動を行う最低限以外のお金も使わない事で「静かに生きる」のが本来でした。

そもそも最近では、そのような「俗」に触れない生活を一周忌まで我慢する人の方が少ないですし、不幸になられてしまった方もそれを望まないと思います。

 

結婚式は祝いですので、喪中と言う「穢れ」を祝いの場に持って行ってしまう事を躊躇う方も多いのですが、「忌日」を過ぎ、新郎と新婦、そのご家族様が理解していれば問題は有りません。

考え方にもよりますが、「喪中」であったとしても、「忌日」を過ぎていれば、「結婚式に参加する」「招待する」事が失礼になる事は無く、「招待しない事」「開かない」が失礼になる場合も有ります。

 

その喪中期間等に関しては、明治7年の「太政官布告」の名残です。

 

明治の「太政官布告」を参考にした喪中期間

まず忌日数に間しては、「太政官布告」よりも、不幸になられてしまった方との間柄は関係無く、「忌明けの49日」が一般的です。

「喪中期間」に関しては、「一周忌」までが一般的です。

 

当時の忌日数に関して「不幸になれてしまった方との間柄」を基本として補足させて頂きます。

「両親」が不幸になられてしまった場合は50日。「夫」の場合は30日、「妻」「男の子」「兄弟姉妹」の場合は20日、「女の子」「養子」の場合は10日でした。

 

「祖父母」はどちらの場合も30日、「伯父叔母」はどちらの場合も20日です。

結納金の相場と本来の意味合い、時代の変化」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ