両家顔合わせの挨拶例と失敗しないポイント

<スポンサーリンク>
両家顔合わせの挨拶例と失敗しないポイント

両家顔合わせの挨拶は、正式であれば「新郎の父」から、正式または、少し砕けている場合は、「新郎の父」または「新郎」が挨拶をするのが基本です。

頑張って頼り甲斐が有る所を新婦のご家族様に対して、少しでも知って頂きたいと言う思いで、新郎側の挨拶を全て「新郎」が行ってしまうのも「父としての威厳」が損なわれてしまうと言う考え方も有ります。

 

また、逆に新郎側の挨拶を全て「新郎の父」が行ってしまうのも、新郎が「頼りない」「親離れ出来ていない」と言う印象を抱かれてしまいがちです。

「進行役」の方が居られる場合は、「進行役」の方との打ち合わせに従って下さい。

 

両家顔合わせの流れと各挨拶例

◯会場・待合室・ロビーまで(新郎新婦主役)

まず、両家顔合わせが開かれる会場で直接集合するのか、待合室やロビー等で集合してから会場に集まるのかに分かれます。

直接集合する場合は、新郎新婦が各ご家族を誘導し、そこで初めて挨拶が始まります。

 

待合室やロビーで集合している場合に両家が会ってしまった場合は、略式の挨拶程度に留め、会場で改めて挨拶するのが基本です。

待合室やロビーでお会いした場合の挨拶例「おはよう御座います。本日はお越し頂き感謝します。開始時間は◯◯時◯◯分ですので、少々お待ち下さい。」

 

もちろん、雑談が出来る方は出来るに越した事は有りませんが、両家顔合わせが開かれた後の会話が無くなる可能性も有ります。

そして、両家が揃った時に、「本日はよろしくお願いします。」と言い合うのが理想的です。

 

◯乾杯・家族紹介(新郎新婦主役)

メニューは事前に決まっている筈ですので、乾杯のドリンクを選ぶと思います。

両家のドリンクが揃ってから、「新郎」が挨拶をし、「新郎」または「新郎の父」が乾杯の挨拶をするのが基本です。

 

新郎挨拶例「本日はお忙しい中、私達の為に集まって頂き、まことに感謝しております。

本日、私、(新郎名前)と(新婦名前)さんとの結婚を約束して頂いた事を感謝し、この日を設けさせて頂きました。

 

また、この日が両家の親睦に繋がる事を願い、この日を設けさせて頂きました。」

「僭越では御座いますが、乾杯の音頭を取らせて頂きます。乾杯。」

 

新郎父挨拶例「本日は誠にありがとうございます。僭越ながら、乾杯の音頭を取らせて頂きます。乾杯」

両家で乾杯をした後は、少し間を置いてから、家族紹介をするのが基本です。

 

家族紹介例「それでは、改めて家族紹介をさせて頂きたいと思います。父、(父氏名)です。母、(母氏名)です。」

紹介して頂いた各家族挨拶例「(新郎・新婦の氏名)の(血縁関係名)です。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

 

◯結婚記念品を渡す(新郎新婦主役)

結婚記念品は、「婚約指輪」「婚約指輪のお返し」で、「婚約指輪のお返し」は必須では有りません。

出来れば、本格的な食事が始まる前にここまでは終えておくのが理想です。

 

新郎挨拶例「私から(新婦氏名)さんへお渡しさせて頂く婚約指輪です。どうぞ、お受け取り下さい。」

 

◯食事開始(両親主役)

特に挨拶等は有りませんが、両家の家族の親睦を深める事が目的ですので、ある程度は新郎と新婦が話題のきっかけを振る必要が有ります。

もちろん、軽い会話が大切で、お互いの交際時代や新郎や新婦の子供の頃のエピソード等で十分で、父親同士、母親同士で話が合う内容が適切です。

 

マニアックや派閥が有るカテゴリー、個人的過ぎる会話等は避けた方が賢明です。

 

◯両家顔合わせの結び(新郎新婦主役)

新郎挨拶例「本日は本当にありがとうございました。両家の親交も深める事が出来、嬉しく感じております。

楽しい時間を過させて頂き、心から感謝しております。

 

私はまだまだ至らぬ点も多く、ご迷惑をお掛けしてしまう事も有るとは思いますが、これからも、日々努力して行きます。

つきましては、ご指導、ご鞭撻を頂けますよう、よろしくお願い致します。ありがとうございました。」

 

挨拶例よりも大切な事

挨拶例は「例」でしか有りませんので、自分なりの言葉で十分です。

新郎と新婦、そのご家族はそれぞれ「緊張」していますので、あがったり噛んだり、コチコチになるのは「当たり前」とも言えます。

 

是非、有意義な両家顔合わせにして下さい!

両家顔合わせの服装と忘れないでおきたい事」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ