【婚約指輪の相場】20代前半は実際どう?

<スポンサーリンク>
【婚約指輪の相場】20代前半は実際どう?

20代前半の婚約指輪の相場は、一昔前でしたら、「給料の3ヶ月分」と言われており、当時は、一般的だと勘違いされる方も多かったと思います。

実際は、ジュエリー系の企業が言い出した事ですので、そこまで気にする必要は有りません。

 

最近では、婚約指輪の相場は、20万円〜40万円前後と言う方が多いです。

 

20代前半の婚約指輪の相場と年収

人の価値は年収で測る事は出来ませんし、都市部かそうで無いか、お金の価値観や使い方によっても大きく左右されてしまいますが、どうしても年収は意識してしまうと言う方が大半だと思います。

特に最近は、インターネットや雑誌等で「見栄」「嘘」「デマ」が横行し、免疫が無い方は年収で悩み易い傾向が有ります。

 

先ほど、婚約指輪の相場は20万円から40万円位と言いましたが、傾向としては年収が300万円前後の方は、30万円位の物を購入する傾向が高いと言われています。

もし、20代前半で婚約指輪を購入される場合は、自分の年収を意識して購入すれば、特に問題は無いと思います。

 

ちなみに、結婚指輪は10万円から20万円位ですので、婚約指輪に力を入れ過ぎたように感じるのであれば、結婚指輪を少し抑えれば良いと思いだけだと思います。

また、世界の婚約指輪の相場は、本当にバラバラで、20代前半でまだまだ伸び盛りと言える2人が婚約するのですから、納得していれば、相場を意識しなくても問題は無いと思います。

 

海外の婚約指輪の相場

比較的裕福な国や婚約指輪を重視する国でしたら、給料の2ヶ月〜3ヶ月分位が相場と言う場合が多いですし、6ヶ月分と言う国も有ります。

年齢による相場はそこまで関係無く、20代前半だから相場はこれ位と言うのは、あまり関係が無い場合が多いです。

 

意外かも知れませんが、日本だけでは無く、海外でも婚約指輪を渡す人は減って来ていますし、結婚指輪は存在していても、婚約指輪は存在しないと言う国も有ります。

理由は、「ライフスタイルの変化」で、一昔前のように、「◯◯をする時や前は、◯◯をしなければならない」と言う慣習が希薄になって来ているからだと言われています。

 

世間体や人の意見ばかり気にしていれば、自分らしい人生を歩むのが少し難しくなると思いますし、何より、結婚後は「2人で作る人生」ですので、相場等気にする必要は無いと思います。

もし、色々と気になるようでしたら、20代前半ですので、その気になれば何でも出来ると思います。

 

婚約指輪はいつ渡す?2人の積極性と距離感」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ