敬老の日の花言葉で成功するコツと失敗な花

<スポンサーリンク>
敬老の日の花言葉で成功するコツと失敗な花

「敬老の日」に贈る花の定番は、高貴な紫色が美しい「りんどう」で、「生花」を使用した「フラワーアレンジメント」も定番でしたが、最近では「プリザーブドフラワー」を使用したり、「歴史有る和菓子屋」「人気スイーツ」「お酒」「盆栽」等も定番化しつつあります。

「りんどうの花だけでは少し寂しい」と言う方も多く、しっかりとした贈り物を敬老の日にしたいと言う方は、花に上記の物をセットにして贈るのも人気です。

 

こだわって花を選ぶのでしたら、「花言葉」もしっかりと把握して贈りたい所だと思います。

当記事では、敬老の日に喜ばれる花と花言葉について説明させて頂きます。

 

敬老の日に喜ばれる花と花言葉

「りんどう」の花言葉は、「誠実さ」「愛情」等で定番の花で、その美しい「紫色」には「高貴さ」が備わっているとされ、特に「白寿」と呼ばれる「りんどう」は、その希少性でも有名です。

ですが、他にも「敬老の日」に最適な花は沢山存在しますので、「花言葉」で日頃の感謝の気持ちをお伝えするのも素敵だと思います。

 

例えば、「敬い・尊敬」を花言葉に持つ花は、「ゆり」「白バラ」「ヒメヒマワリ」「フリージア」「ガーベラ」等です。

「感謝」を花言葉に持つ花は「金水引」、「愛情」を花言葉に持つ花は、「ブルーレース」「エキナセア」「アサガオ」「赤バラ」「赤カーネーション」「サルビア」「オキシペタラム」「センニチコウ」「黃フリージア」「赤フリージア」等です。

 

「心の暖かさ」を花言葉に持つ花は、「リウココリネ」等で、「長寿」を花言葉に持つ花は、「アマランサス」「マツ」です。

他にも素敵な花言葉を持つ花は沢山有りますので、「愛情」「感謝」「心の暖かさ」等のように、自分の想いや色彩バランスで組み合わせてお贈りするのも楽しいと思いますし、喜ばれます。

 

どちらかと言うと「ウェディングブーケ」を行う方が大変ですが、「押し花」「ドライフラワー」等に加工して頂ける花屋さんも存在します。

少しだけ高額になってしまいますが、「生花」をお渡しした時の写真と共に、後日「押し花」「ドライフラワー」等に加工した物をお贈りするのも喜ばれます。

 

ちなみに、簡単な押し花であれば自分でも簡単に作る事が可能ですので、完全にしおれてしまう前に皆様で思い出作りのいっかんとして行うのも素敵だと思います。

 

敬老の日に駄目な花

「白バラ」以外の「白い花」や「一本花」「キク」「ヒガンバナ」「レンゲ」「シキミ」等です。

敬老の日はいつ?由来と花選びのコツ」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ