新築祝いの贈り物「タブーや失礼に当たる例」

<スポンサーリンク>
新築祝いの贈り物「タブーや失礼に当たる例」

新築祝いの贈り物には、タブーとされている物が沢山有り、お祝いの気持ちが有れば何でも良いと言う訳でも有りません。

また、意外と知られていませんが、贈り物等に使用する「熨斗(のし)」にもタブーが有ります。

 

新築祝いは「蝶結び」で「結び切り」はタブーとされています。

「結び切り」は結婚式のように「一度」しかない祝い事に行う物ですので、新築祝いのように「何度してもおめでたい」場合には、「蝶結び」にする必要が有り、「お祝い」ですので、のしは「紅白」の物を選ぶと良いです。

 

新築祝いの贈り物でタブーとされている物

基本的に「火」に繋がる物、「火」を連想させる物、壁等を傷つけてしまう可能性が有る物、「手間」がかかる物、家に置くと違和感の有る物は、新築祝いにはタブーとされています。

 

◯ 「火」に繋がる物

「コンロ」「アロマキャンドル」「火が必要なお香」「ジッポライター」等、「火」を必要とする物や、「火」が発生してしまう物は、火事や炎を連想させてしまう為、新築祝いの贈り物ではタブーとされています。

 

◯ 「火」を連想させる物

本来でしたら、赤を基調とした「インテリア」「ネクタイ」「小物」は、情熱や温かみが伝わりますので、贈り物としても人気ですが、火事や火災を連想させる可能性も有りますので、新築祝いのタブーとされています。

「赤色」だけでは無く、「オレンジ色」も避けておいた方が良いと思います。

 

◯ 壁等を傷つけてしまう可能性がある物

特に「インテリア」等に多いのですが、壁に掛けたり、壁に穴を空ける必要が有る物は、せっかく新築の家を傷つけてしまう可能性が有りますので、贈り物としてはタブーとされています。

 

◯ 手間がかかる物

よく、飲食的や会社、事務所等の新築祝いの贈り物に「植物」を選ぶ場合が多いのですが、個人の家に「植物」を送ると、「枯らしてしまったら失礼では無いか」と言った負担を与えてしまう可能性が有りますし、虫や汚れ等に繋がる可能性も有りますので、あまり良い贈り物とは言えません。

 

◯ 家に置くと違和感のある物

特にインテリア等は「好み」が別れてしまう場合が多く、独身時代によく行き来して「気心の知れた友人」であったとしても、新居への引っ越しを機に変えてしまう方も多く、奥様や旦那様の趣味に合わせる場合も有りますので、落ち着いたインテリア以外は贈り物としては難しいと思います。

 

引っ越し祝い「友人の相場」と注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ