敬老の日のメッセージ選びで迷った場合の文例集

<スポンサーリンク>
敬老の日のメッセージ選びで迷った場合の文例集

敬老の日のプレゼントは選ぶ所までは順調に進んだのに、いざ手紙等にメッセージを書こうとすると手が止まる場合が有ると思います。

それこそ、小さな頃から可愛がって頂いた事を思い出して手が止まる方から、結婚等を機にはじめて贈りますので、「メッセージを書きたいけれど、正直何を書けば良いのかが分からない」と言う方も居られると思います。

 

当記事では、敬老の日喜ばれるメッセージの「雛形」について触れさせて頂きます。

 

敬老の日のメッセージ(くだけた表現)

「◯◯おじいちゃん。◯◯まるおばあちゃん。

いつまでも元気で居てね。また来ます!」

 

「◯◯おじいちゃん。◯◯おばあちゃん。

いつも元気で居てくれてありがとう。

私も◯◯おじいちゃん、◯◯おばあちゃんのように、素敵な年の重ね方がしたいです。

これからも宜しくお願いします」

 

「◯◯おじいちゃん。◯◯おばあちゃん。

仕事の都合がつかず、なかなか直接お話しする機会が無くてごめんね。

年末年始には必ず行きますので、いつまでもお元気で居て下さい。」

 

「◯◯おじいちゃん。◯◯おばあちゃん。

敬老の日おめでとう。

いつも笑顔で迎えてくれるおじいちゃんとおばあちゃんが大好きです。

これからもずっと、◯◯達の事を笑顔で迎えて下さいね。」

 

敬老の日のメッセージ(かしこまった表現)

「◯◯様、◯◯様。

敬老の日おめでとう御座います。

心からご長寿とご健康のお喜びを申し上げます。

また、私達に日頃から格別の配慮を頂き、誠に感謝しております。

これからも、末永くご壮健でお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます。」

 

「◯◯様、◯◯様。

最近では秋らしさも深まり、肌寒さを感じる日も出て来ました。

いかがお過ごしでしょうか。

いつも私達の事を一番に心配して頂き、誠に感謝しています。

私達はとても元気にさせて頂いており、◯◯に関しては元気過ぎる位です。

改めまして、敬老の日、おめでとう御座います。

直接お会いしてお話ししたかったのですが、今年は都合がつかず、このような手紙でしかお伝え出来ず、申し訳有りません。

年末年始のご挨拶には必ず行きますので、その時に重ねてご挨拶させて頂けますと嬉しいです。」

 

「◯◯様。◯◯様。

敬老の日、おめでとう御座います。

いつも気にかけて頂き、誠に感謝しております。

これからも元気で居て下さい。

私達夫婦もいつも仲の良い二人を良き手本とさせて頂き、

これからも家族で力を合わせて頑張って行きますので、これからも温かく見守って頂けると幸いです。」

 

敬老の日はいつ?プレゼントで忘れてはいけない事」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ