成人式の着物選びで迷った時に考えて欲しい点

<スポンサーリンク>

成人式に着る「着物」と言えば、「振り袖」で、「親や親族から譲り受けた着物」や「レンタル」、奮発して「新規購入」等、それぞれ状況は異なって来ると思います。

特に最近は、「自分らしさ」を全面に打ち出した成人式用の着物も沢山出て来ていますし、驚くような派手な物から可愛らしい物まで様々です。

 

その中でも一番多くの方が悩むのは、「親や親族から譲り受けた着物を着るか着ないか」だと思います。

当記事では、「成人式に親や親族の着物を着るのは?」「成人式以外に着物を着るタイミング」について説明させて頂きます。

 

成人式に親や親族の着物を着るのは?

結局の所、「どれ位の思いを込めているのか?」と「自分が納得出来ているのか?」、「気に入っているのか?」によって異なります。

振り袖にも「定番の物」から「流行りの物」まで有り、親が親族が着ていた物ですから、それこそ、20年以上前の振り袖になりますので、「格式を重んじるのか?」「流行りや同調を重視するのか?」によって大きく左右されます。

 

ちなみに、楽天の老舗着物レンタル店で「成人式用振り袖」を調べた場合、以下の画像になります。

 

成人式 振り袖 画像

>>成人式・振り袖の詳細はこちら
振り袖は、基本的に「未婚女性」が着る着物ですので、華やかで女性らしい色合いの物が多いです。

もし、親や親族から譲り受けた振り袖に違和感が無ければ、問題無く成人式で着て行けそうですし、「一生に一度の事だから!」と思うのでしたら、レンタルや購入も良いと思います。

 

その時の状況や考え方にもよりますが、「振り袖」は結婚する前まで着れますので、相応しいシチュエーションについても説明させて頂きます。

 

成人式以外に着物を着るタイミング

着物はある意味「日本人らしさ」「日本の美しさ」を最大限に生かす事が出来る正装の一つだと思いますし、特に「振り袖」は「期間限定」ですので、その希少性は言葉では表せません。

「振り袖」は原則として「結婚する迄の間」で、「成人式」以外には、「前撮り」が定番です。

 

もちろん、「結婚式」や「披露宴」、最近では簡略化も進んで着ましたが、「両家顔合わせ」や「結納」の定番とも言えます。

また、一部のホテルや日本料理点等では、「着付け付き会食プラン」等も存在します。

 

あとは、「卒業式」も良く、「第一礼装」らしい格式高いシチュエーションにも適していますし、就職されてからの「新年会」等の「式典」や「祝賀会」等にも着物を着て来られる社会人の方も多く、成人式まで着物を着る機会が無かったと言う方でも、意識してみると案外あるものです。

 

きせまめの感想

cropped-136086-e1449916896970.png

たとえ、数時間で終わってしまうとしても、成人式は一生に一度の晴れ舞台でも有りますので、是非後悔の無い有意義な時間を過ごして下さい。

どうしても、流行りや周りの声等が気になってしまうと思いますが、雑誌やテレビ等は、結局「販売活動の一環」でしか有りませんので、周囲や情報に振り回される事無く、「自分の考え」を強くしっかり持って望んでみて下さい。

 

きっと素敵な成人式になる筈ですので、楽しんで来て下さい!

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ