引っ越し祝い「友達のメッセージに適した文」

<スポンサーリンク>
家

友達の引っ越し祝いを選び、「熨斗(のし)」等も用意出来たのでしたら、「メッセージカード」を添えて贈ると、より気持ちが伝わる筈です。

直接渡すから必要無いと思われている方も多いのですが、「メッセージカード」が有るか無いかで印象は大きく変わります。

 

自分でレター等を別途用意する場合は問題は有りませんが、最近はプレゼント等に小型のレターがサービスとして付属している事が多く、日本人らしい長い文章は記入出来ない場合が多いです。

また、引っ越しに限らず、友達へのお祝いのメッセージは「一言的」にまとめている物が最近の主流です。

 

友達の引越し祝いのメッセージには、相手に喜ばれる「雛形(テンプレート)」が存在します。

逆に、好ましく無い表現や文字等も有りますので、是非参考にしてみて下さい。

 

デキる人は、友達の引越し祝いのメッセージでも手を抜かない理由

新築、マンション、結婚を機に・・・等、新しくお家を建てられたり、新しい生活を始められると言う事は、非常に喜ばしい事です。

最近では、メールだけで済ませてしまう方も居られますし、主流になって来ていますが、折角の御縁ですから、「メッセージ」を頂くだけで、印象が大きく変わる筈です。

 

「何故、◯◯を引っ越しに選んだのか?」は、誰でも気になる所だと思います。

例え、高級品であったとしても、メッセージが無ければ、印象は半減してしまいます。

 

引越しは大変ですし、引っ越し祝いを沢山の方から頂いたと言う方も居られます。

それに、引越し後は、慣れない事、やるべき事が沢山有り、引越し祝い所では無いと言う方も多いと思います。

 

そんな時、メッセージが有るだけで、その時の印象、その時の記憶に強く影響する事が多いです。

特に、数ヶ月から数年先、それ以上の月日が経過してからの記憶が違うと思います。

 

やはり、嬉しかったり、幸せだった記憶は、ずっと残りますからね。

普段から感謝の気持ちがあったとしても、直接言葉にしては伝えにくいと思いますが、感謝の気持ちを素直に伝えるに最適なシーンだと思います。

 

もちろん、感謝だけでは無く、新しい生活が始まる事への応援、尊敬、労いでも素敵だと思いますし、心配している気持ちを伝えるのも正解だと思います。

 

友達の引っ越し祝いで、抑えておくポイント

基本的な文章構成ですが、変によそよそしくなってしまったり、逆に形式ばり過ぎてしまうようでしたら、相手との親しさにもよりますが、自分の言葉を文章にするのが1番です。

ですが、「何を書けば良いの?」と思った時は、参考にしてみて下さい。

 

●お祝いの気持ちをしっかりと伝える

●友達の気持ちも考えてあげる

●新しい住居に対する印象

●引っ越しした友人への気持ち

●締め

 

「お祝いの気持ちをしっかりと伝える」は、1番最初に伝えたい事を書き、「引っ越し、おめでとうございます!」が一般的です。

「友達の気持ちも考えてあげる」は、相手の現在の心境や環境等を想像しながら、「念願の一戸建て、夢がまた一つ、叶いましたね!」等です。

 

「新しい住居に対する印象」は、「◯◯市は、活気が有り、素敵な場所だと聞いています」等です。

「引っ越しした友人への気持ち」は、「僕も、◯◯さんの話を聞いて、今以上に頑張ろうと思います!くれぐれも、無理はしないで下さいね。」等で、「自分の感想+相手への気遣い」が一般的です。

 

「締め」は、「お互い、頑張りましょう!一段落ついた頃に、遊びに行きますね。ますますのご多幸とご健闘を心よりお祈り申し上げます。」等です。

「締め」の言葉の最後に、手紙を書いた日付、名前を書くのが一般的です。

 

引っ越し祝いの友達へのメッセージ例

先程のポイントは、比較的長文になりますので、レターサイズに書くのが一般的です。

最近では、名刺程度の大きさのメッセージカードに書く方も増えて来ました。

 

文章が短い分、短いけれど、しっかりと思いを伝える事が大切です。

短い文章は、「冷たい」「とりあえず書いた」「社交辞令」的な印象を与えてしまいがちです。

 

当たり前の話になってしまいますが、「前向きな気持ち」や「新居に行きたい気持ち」が伝わるようなメッセージが、引っ越し祝いの短文メッセージには最適だと言われています。

 

●「引っ越しおめでとう御座います。絶対、遊びに行きます!」

●「新生活が始まりますね!応援しています!」

●「引っ越しおめでとう!何かあったらすぐ行くからね!」

 

●「どれだけ遠く離れても、ずっと友達だからね。ありがとう。」

●「引っ越しお疲れ様!頑張り過ぎないようにしてね。」

●「引っ越しは色々と大変だと思いますが、頑張って下さい。」

 

●「引っ越しおめでとう御座います。これからもよろしくお願いします。」

●「初めは大変かも知れませんが、心機一転、頑張って下さい。」

●「引っ越しおめでとう。夫婦生活をエンジョイして下さい。」

 

●「◯◯(立地条件)が良くて羨ましいです。お互い頑張りましょう!」

●「素晴らしいお家ですね。友達である事を誇りに思います。」

●「おめでとう御座います。皆様が健康で幸せに過ごせる事を心よりお祈り申し上げます。」

 

●「引っ越しおめでとう御座います。◯◯さんなら、笑顔に溢れる家庭を築く事が出来ますね。応援しています。」

●「これからの暮らしが楽しみですね。◯◯さんの家族の幸せそうな笑顔が目に浮かぶようです。おめでとう。」

 

友達でもしっかりしたメッセージを贈りたい場合

少し形式ばっていますので、受け取った側に硬い印象を与えてしまいますが、状況によっては、しっかりとしたメッセージの方が良い場合も有ります。

 

(友人名)様へ または、さん

(季節を感じさせる文章)最近はすっかり春らしくなり、新芽や桜が綺麗な季節になりましたね。

 

(友人を褒める文章)駅も近くて海も近くて素敵な場所ですね。こんな良い場所に住めるなんて、本当に羨ましいです。

(友人を労う文章)引っ越してすぐの内は、文字通り「手探り」の状態で大変かも知れませんが、◯◯さんだったら絶対大丈夫だと思います。

 

(友人が孤独を感じない文章)落ち着いたら、また一緒に◯◯に行こうね。離れてもずっと友達だよ!

(贈り物を選んだ理由)最初は贈り物にしようか迷ったけど、◯◯さんが自分で選んだ方が良いと思ってカタログにしました。

 

(自分の名前と日付等)2018年1月1日 氏名

 

引っ越し祝いの手紙で禁止されている漢字や言葉

家ですので、「火」「炎」「燃」「焼」「焦」等のように、火災に繋がるような漢字や単語は相応しくありません。

また、新婚家庭等の状況によっては、「切」「離」「帰」「返」「放」「終」「破」「割」「去」「捨」「冷」「忙」「壊」「消」「降」「枯」「嫌」「疎」「浅」「憂」「痛」「病」「相次」「短」等も相応しく無い場合が有ります。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ