引っ越し祝い「友人の相場」と注意点

<スポンサーリンク>
引っ越し祝い「友人の相場」と注意点

大切な友人が引っ越しをする場合、「新築」と「中古物件」によって呼び方が分かれ、それぞれ、「新築祝い」「引っ越し祝い」と「熨斗(のし)」に記入します。

友人の場合、相場はそこまで変わる事は有りませんが、本人が相場超えても良いと判断するのであれば、相場を超えても構わないと思います。

 

「引っ越し祝い」に関しては、「賃貸マンション」や「マンションの一部屋購入」、「賃貸の一軒家」も含まれます。

逆に「賃貸マンション」「マンションの一部屋購入」「賃貸の一軒家」が「新築」の場合は、「新築祝い」として扱います。

 

引っ越しの友人の場合の相場

友人の引っ越し祝いの相場は、5000円〜10000円でも十分だと言われており、友人としての距離感に応じて、相場よりも少し位上下したとしても問題は無いと言われています。

 

引っ越し祝いは「物?」「お金?」

引っ越しをすると色々とお金が必要になってしまいますが、その友人が「年上なのか?」「年下なのか?」によって、お金を贈る事が失礼にあたる場合も有ります。

基本的に引っ越しする友人の方が、年上にあたる場合は、お金では無く、何かしらの品物で贈る必要が有ります。

 

また、友人の年齢が同じ場合は、その友人との距離感によります。

お金と言っても、「現金」だけが該当する訳では無く、「商品券」「iTunesカード」「amazonカード」等の「ギフト券」等、「現金」と同等の価値が有ると言われている物も含まれる場合も有ります。

 

友人同士でしたら、意外性の有る物、言い方を変えると「妙な物」「キャラクターやマニアックな物」を引っ越し祝いに選ぶ方も多いのです。

確かにその場は盛り上がる可能性は有りますが、その友人と一緒に住まわれる方を考えて選ぶ方が良いです。

 

特に大きく、それなりのスペースを確保する必要が有る物は、将来的に友人の「負担」になってしまう可能性が有りますので、注意が必要です。

引っ越し祝いと言うと、「フラワーギフト」「観葉植物」「花」が人気そう思われてしまいがちですが、「観葉植物」や「花」は枯れないように意識してしまう物ですので、友人やご家族様の負担になる可能性も有ります。

 

また、「フラワーギフト」に関しては、花を飾る為に「壁に穴を開ける」必要が有り、「火事・炎」を連想させる「赤」「オレンジ」を使用している組み合わせが多いので難しいです。

「火事・炎」を連想させる贈り物は、引っ越し祝いではタブーだと言われていますし、ホコリがたまるとみすぼらしく見え、意外と掃除が大変ですので、「花」が好きな友人以外には難しいです。

 

新築祝いの贈り物「タブーや失礼に当たる例」」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ