静電気防止に簡単で確実な方法【グッズ購入注意】

<スポンサーリンク>
静電気防止に簡単で確実な方法【グッズ購入注意】

寒い季節になると、ただでさえ冷たい「ドアノブ」や「車のドア」に触れようとした時に「パチッ!」と言う静電気が原因の痛みが正直怖くなると言う方も多いと思います。

意外かも知れませんが、静電気の仕組み等を把握しておくと、静電気防止グッズ等を購入する必要は有りませんし、それこそ日常的に使っている物で十分防止する事が可能です。

 

当記事では、「静電気防止で一番確実な方法と予防策」についてと、「服の静電気防止で簡単・確実な方法」について説明させて頂きます。

 

静電気防止で一番確実な方法と予防策

本格的な冬が近づく頃になると、「車用品店」「小物屋さん」「雑貨屋さん」等では、「静電気防止グッズ」が沢山販売されると思います。

確かに、「静電気防止グッズ」を使用する事によって、ある程度の静電気は防止する事が可能ですが、普段から小物等をあまり身に付けたく無い方や、「持って来る事を忘れた」方は、静電気の原因と「静電気防止グッズ」の仕組みを知っておけば、殆どの方は、簡単に防止する事が可能です。

 

ちなみに、一番簡単で確実な静電気防止方法は、「手の保湿」で、気になり出した時は、肌の「湿度」が低下して来た事を意味しますので、生活習慣やストレス、毎日の食事等が原因の可能性も有ります。

少し難しく感じてしまう方も居られるかも知れませんが、静電気は「電気が流れない所」に溜まる性質が有り、それを理解すると「防止」する事が簡単になります。

 

当たり前の話になってしまいますが、「放電」する事が静電気防止に繋がりますので、金属に触る前に「木製品」「壁」等に触れておくだけで防止する事が可能です。

もちろん、手を洗ったり、ハンドクリームやウェットティッシュ等でも十分に防止する事は出来ますが、「プラスチック」は意味が有りませんので、注意が必要です。

 

服の静電気防止で簡単・確実な方法

まず、静電気が溜まりやすい原因は、「重ね着」が一番多く、次に「空気の乾燥」と言われており、本格的に寒くなる冬や、まだまだ寒さが残る春等に起こり易いです。

静電気を溜め込みやすい物を「乾燥した肌」の上に着ていますので、服の静電気が気になると言う事です。

 

梅雨のように湿度が高い時期に特殊な環境以外では静電気が気にならない理由は、「肌に十分な潤いが有る」からだとも言えます。

ですので、先ほどの「静電気防止で一番確実な方法と予防策」でも少し触れさせて頂きましたが、「保湿」が十分であれば、服の静電気も防止する事が可能です。

 

一番分かりやすいのは、ストッキングにスカートがくっついたり、髪の毛が静電気で大変な事になっている時に「保湿」が十分な手で数回撫でると、嫌な静電気は消えます。

つまり、手の乾燥が気になった時位に保湿し、そのまま静電気が気になる所を「数回撫でる」事が服の静電気防止方法として簡単かつ確実だと言えます。

 

静電気を除去する方法と3つの原因と具体的対策」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ