電気料金の平均「一人暮らしでもやるべき事」

<スポンサーリンク>
電気料金の平均「一人暮らしでもやるべき事」

一人暮らしの電気料金の平均は、年間4万円以上、1ヶ月当たり4000円前後と言われています。

もちろん、在宅系の仕事をされている方、ゲームが好きな方、アクアリウムや温度変化に弱い動物を飼っている方は、どうしても平均よりも高くなってしまいがちです。

 

また、電気料金の平均ですので、冬と夏のように特に電気を消費し易い時期と、春と秋のようにそこまで電気を消費しなくても良い時期の平均です。

 

電気料金を平均よりも下げる為に

もし、「アンペアブレーカー」が調節出来る電力会社と契約している場合は、変更するだけで簡単に電気料金を下げる事が出来ますが、出来ない場合も多いと思います。

最近流行りの「オール電化」もトータルを考えると良いのですが、「初期投資」が必要になります。

 

「省エネ」系の電化製品を導入するのも良いですが、より安くすましたい場合に簡単で便利なのは、「節電機器」を導入する事です。

性格にもよるかも知れませんが、「個別スイッチ付き電源タップ」「節電タップ」で必要の無い時は、完全に遮断しておくのも有効です。

 

冬であれば、「省エネダクト」「ホットマット」「水道凍結防止ヒーター」も有効です。

夏であれば、「窓の省エネフィルム」「冷感ジェルマット」も有効です。

 

冷暖房系の電化製品であれば、「1度」上げたり下げたりするだけで、1000円前後電気料金が変わる事も多く、特にエアコンはつけっぱなしが省エネに繋がるのは有名です。

 

一人暮らしでも電気料金プランの見直しを

ある意味一番確実なのは、現在契約している電気料金のプラン自体を見直してみる事で、特に一人暮らしの方は見落としてしまいがちです。

自分の消費電力を把握していないとブレーカーが落ちてしまう日が続いてしまうと思いますが、「基本料金」だけで、1ヶ月あたり、数百円以上は変わってしまうのは、良く有る話です。

 

一人暮らしでも少し意識するだけで平均は下がります

特に観る気が無いのに何となくテレビをつけていたり、電気のつけっぱなしが多いと言う場合は、意識するだけで電気料金を下げる事が出来ます。

テレビでしたら、明るさ調整をするだけで電気料金は代わりますし、大画面であればある程、消費電力は大きいです。

 

意外かも知れませんが、「ゲーム」「パソコン」等は「省エネ」対応していない事が殆どですので、必要が無い場合は消した方が良いと言われています。

電気料金の節約は、アンペア変更で簡単?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ