重曹で洗濯する前に知りたい事と「とある提案」

<スポンサーリンク>
重曹で洗濯する前に知りたい事と「とある提案」

重曹を洗濯用洗剤の変わりに使用するメリットは、「肌への負担が少ない」「重曹自体の価格が低い」「汚れのpHによっては落ちやすい」「洗濯槽も一緒に洗える」等が挙げられると思います。

特に最近は、「添加物」や「化学物質」への関心、「天然素材」や「天然染料」の普及率の高さ等から、重曹洗濯が注目されています。

 

当記事では、「重曹だけで洗濯しても綺麗に落ちる?」事に対する答えと「重曹」と「無添加石鹸」を使用した洗濯の提案に関して説明させて頂きます。

 

重曹だけで洗濯しても綺麗に落ちる?

個人的には、運動系クラブの体操服や肉体労働系のハードな仕事に使用する頑固汚れの仕事着等、頑固な「皮脂汚れ」等に対しては、別途「重曹磨き」が必要だと感じました。

確かに、「重曹」は「アルカリ性」ですので、「皮脂汚れ」「油汚れ」に対しては、「おしゃれ着」「お出かけで着た服」程度であれば問題無く使用出来ると思います。

 

一般的な洗濯用洗剤のように、「界面活性剤」が配合されている訳では無く、重曹の「アルカリ性」と「消臭効果」、「粒子」等によって洗濯する事を想像すると、「どんな物を洗濯する時に適しているのか?」が理解出来ると思います。

逆に言うと、「皮脂汚れ」「油汚れ」以外には洗濯効果は期待する事は出来ないと思います。

 

ですが、あまり色落ちして欲しく無い洋服や、少しお出かけして少し汗をかいた程度の服でしたら、重曹洗濯で十分だと思いますし、知らない間に洗濯用洗剤に漂白成分が含まれていたと言う事も在り得ません。

そう言った点でも重曹洗濯は効果的だと感じました。

 

また、「重曹磨き」に関しては、重曹のアルカリ性を利用して頑固な皮脂汚れを科学的な意味で綺麗にする事が目的で、重曹と少量の水を練り合わせて「ペースト状」にし、「要らなくなった歯ブラシ」等で「襟汚れ」等を磨き、洗濯する方法です。

もちろん、「重曹洗濯」では、洗浄力に限界が有りますので、「完全無添加の石鹸」と併用して洗濯している方も多いです。

 

「重曹」と「無添加石鹸」で洗濯

「石鹸」と言うと、「固形」の印象が強く感じてしまう方も多いと思いますが、「液状」も有りますし、「粉状」も有ります。

もちろん、赤ちゃんや敏感肌、アレルギー体質の方を対象とした「洗濯用粉せっけん」も有りますので、大手インターネット通販サイト等を検索すれば、簡単に見つける事が出来ると思います。

 

ただ、「石鹸」で洗濯する場合は、20度以下の水温で洗浄するのは危険で、「洗浄力」が大幅に低下してしまい、30度前後の水温が一番洗浄力が期待出来ると言われています。

少し抵抗が有ると思いますが、「残り湯」や「浴槽に新しいお湯を張る」等をして気温が低い日に工夫する事が必要になります。

 

「重曹」や「石鹸」は価格が安い場合が多く、現在お住まいの地域の光熱費と照らし合わせてみる必要が有ります。

重曹で掃除と消臭をする場合に知っておきたい事」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ