遮光日傘の寿命と長く使う秘訣、駄目な日傘

<スポンサーリンク>
遮光日傘の寿命と長く使う秘訣、駄目な日傘

遮光タイプの日傘の寿命は、「何年」と言う明確な決まりは無く、製法や使用している頻度等によって寿命は大きく変わります。

理由は、傘の内側に遮光素材を使用している場合と遮光素材でコーティングしている場合が有り、内側に遮光素材を使用している物の方が耐久性に優れているのは言うまでも無いと思います。

 

また、日頃から遮光率の高い日傘の正しい使用方法やケアを方法を実施しているのであれば、他の人よりも日傘の寿命を長く使用する事が出来ると言う事でもあります。

雨の日だけ使用する傘とは違い、冬以外は使用する事が多いと思いますので、外出時のお供として長く使用したいです。

 

ちなみに、日本製で最高の日傘は、「サンバリア100」と呼ばれる完全遮光の日傘だと言われています。

 

寿命が短い遮光日傘の特徴

「紫外線」を吸収したり反射する素材で「コーティング」している物は、使用頻度が高ければ高い程、コーティングの剥がれ落ちてしまいます。

意外かも知れませんが、日傘はしっかりと畳んで鞄に入れておくだけでも徐々に剥がれてしまいますので、畳んだり開いたりするだけでも寿命は短くなります。

 

遮光日傘自体、高価な物が多く、知らない内に内側のコーティングが剥がれて普通の傘を使用する位でしたら、内側に完全遮光素材を使用した日傘を使用した方が良いとは思いますし、長い目で見た場合、「お得な買い物」だと思います。

傘の表面が「日焼け」してしまう日傘は論外だと言われており、生地の「摩耗」も遮光率を下げる要因になってしまいがちです。

 

寿命を延ばす一番大切な事

「化粧品」「日焼け止め」「汚れ」等が付着してしまった場合、ぬるま湯の弱いシャワー等で軽く汚れ等を落としてから陰干しして使用するのが良く、20日から1ヶ月に1度位は「撥水スプレー」や「防水スプレー」をしておくと、日傘の寿命を飛躍的に延ばす事が可能です。

 

遮光日傘の色の違い

内側が「白」または「黒」が人気で、遮光性は「黒」の方が若干上で、「可視光線遮光率」も他の色よりは若干期待出来ます。

「若干」を2回も使用する意味は、「殆ど変わらない」からで、大切な事は「完全遮光」である事と、「生地」の素材です。

 

「完全遮光」と「遮光率99%」の違い

例え、「1%」や「0.1%」のように、限りなく完全遮光に近い日傘であったとしても、「完全遮光」の日傘とは、「天と地程の差」が存在します。

「日光」「紫外線」「可視光線」は想像している以上に強力で、「1%」「0.1%」であったとしても、来年の「シミ」を招く直接的な原因になってしまいがちです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ