洗濯機の時間とマナー、一般的に何時なら大丈夫?

<スポンサーリンク>
洗濯機の時間とマナー、一般的に何時なら大丈夫?

洗濯機を新しい環境で使い始める場合、どのような時間帯に使用するべきなのか?が気になる所だと思いますし、周囲の方にマナーがなってないと思われる可能性も有ります。

特に最近は共働きが当たり前になりつつありますので、洗濯機を使用する時間帯等が気になると思いますし、一般的なマナー等も知りたい所だと思います。

 

当記事では、洗濯機を使用する時間帯とマナー的な話について説明させて頂きます。

 

洗濯機の使用時間帯とマナー

周囲に自分の庭しか無いような大きな家なら問題は有りませんが、「集合住宅」「マンション」「アパート」「団地」等でお住まいの場合、

ですが、最近では「防音処理済み」も増えて来ていますので、洗濯機やお住まいの場所等を確認してからでも遅くは無いと思います。

 

洗濯機の使用時間帯に関しては、周囲の方の生活環境等に合わせていると言う方も多く、隣に住まわれている方の生活音が聞こえ始める位に洗濯機を使用されると言う方も多いと思います。

どの時間帯がマナー的に良いのかについては、「お住まいの場所による」と言う解答になってしまいがちです。

 

社会人や学生が居られる一般的な家でしたら、朝7時位から洗濯機を使用される方が多く、朝6時半頃から使用される方も多いと思います。

夜に関しては、遅くとも夜11時位までと言う方も多く、12半位まででしたら、洗濯機を使用されている家も多いと思いますし、マナー的に問題が有るのでしたら、「入浴時間」にも気をつける必要が有る筈です。

 

洗濯機を使用する時間帯とマナーに関しては、朝6時半〜7時頃から夜11時〜12時半頃までが良いと思います。

もちろん、隣に住まわれている方の生活音が聞こえる位でしたら、お隣の生活音が聞こえる時間帯に合わせた方がマナー的には良いと思いますし、一戸建ての場合、ご家族様の生活リズムに合わせるか、合わせて貰うのがマナーだと思います。

 

もし、洗濯機を新規購入される予定の有る方は、「夜対応」の商品や「消音・静か」な商品も多数販売されていますので、意識して探してみるのも良いと思います。

 

洗濯機のマナーを気にする場合の注意点

特に梅雨や冬等のように、洗濯物が乾きにくい時に注意する事は、洗濯機に衣類を入れたままにしておく事です。

それが、洗う前、洗い上がり後に関わらず、雑菌が繁殖してしまい、衣類の繊維の奥に入り込んでしまう可能性が高いです。

 

雑菌は嫌な臭いの直接的な原因でもあり、一度繊維の奥に入り込んでしまった場合、なかなか取る事が出来ませんので、注意が必要です。

洗濯機に入れたら、少なくても2日以内に回しておいた方が良く、それ以上になるようでしたら、濡れたり湿ったりさせないでおく事が必要です。

 

洗濯機の使い方と洗剤を入れる場所と量の注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ