引っ越しで電気ガス水道を解約する時の注意

<スポンサーリンク>
引っ越しで電気ガス水道を解約する時の注意

引っ越しをする時に忘れてしまいがちなのは、「各種解約手続き」で、「引越し日」や「引っ越し後」に焦って手続きをしてしまうと方も多いと思います。

主に必要なのは、「電気」「ガス」「水道」で、「電気」「水道」に関しては、電話が繋がる環境であれば、原則的にいつでもどこでも可能です。

 

「電気」「水道」は、引っ越し当日であっても、引っ越し後でも大丈夫です。

ただ、「ガス」の解約に関しては、「立会い」が必要な場合も多いので、「引っ越し前」「引っ越し日」に行った方が、手間が省けます。

 

逆に、引っ越し先での「ガス開栓時」にも立会いが必要な場合が多く、ガス開栓前に「電気」「水道」の開始手続きを済ましてしまう方が色々とスムーズに行う事が出来ます。

 

引っ越し時のガス解約にやるべき事

基本的に「電話」「ファックス」でガス解約の申請が出来ます。

ガス供給会社によっては対応していない可能性も有りますが、「インターネット」で解約の事前申請が出来る場合も有ります。

 

申請時に必要な情報は、「ガス契約者氏名」「引っ越し前の住所」「現在の主な連絡先」

「引っ越し前の居住環境(一戸建て等)」「解約予定日」「ガス解約時の立会い可能時間帯」

 

「引っ越し先住所」「ガス解約料金をお支払いする方法」です。

インターネットでガス解約申請する場合は、「検針票」に記載されている「ご使用番号」が必要になる場合も有ります。

 

「お支払い」に関しては、引っ越しで住所が変更しても「ガス供給会社」が変わらない場合は、新規住所での引き落としに加算される場合が多いので、事前申請しておいた方が良いです。

お支払いに関してですが、もし、1ヶ月毎に請求されている場合、10日に退会したとしても、1ヶ月分請求される場合が殆どで、「電気」「水道」にも共通している場合が多いです

 

解約の立会い時に直接請求される場合も有りますので、その場合は「現金」も必要です。

特殊な場合を除き、毎月のガス料金を大幅に超えるような金額を請求される事は無いと思います。

 

ガスの開栓時にも立会いが必要

引っ越し時のガス開栓時には、「ご本人様」もしくは「管理者」の立会いが必要で、法律によって定められています。

単純にガスの開栓を行うだけでは無く、「ガス機器」が正しく作動しているのか確認して頂き、必要であれば、「ガス機器」の使用に関する説明を受けなければなりません。

 

電気料金の平均「一人暮らしでもやるべき事」」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ