冷風機の処分はリサイクル?一番正しい方法

<スポンサーリンク>
冷風機の処分はリサイクル?一番正しい方法

冷風機の処分方法と必要な料金についてですが、「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」には、「冷風機」のカテゴリは有りませんので、「家電リサイクル法適応外」になると言われています。

「冷風機」以外にも、「扇風機」「冷風扇」「除湿機」「加湿器」等も家電リサイクル法適応外になりますので、それに伴う処分費用は発生しません。

 

「家電リサイクル法」が適応され、各種処理料金が必要になるのは、一部を除く「家庭用エアコン」で、「業務用」は含まれません。

 

冷風機の正しい処分方法

「家電リサイクル法」に冷風機は含まれていませんので、お住まいの地域の処分方法に従って処分して頂く方法と、お近くの電気屋さんで処分して頂く方法が有ります。

「冷風機」を「粗大ごみ」として処分して頂ける地域も有りますし、「粗大ごみ専用スペース」を用意して頂いている地域も有ります。

 

もちろん、全ての場合がそうであるとは限りませんが、お住まいの地域に電話や回覧板等で確認し、「冷風機」を「粗大ごみ」として処分した頂いた方が安く済む場合が多いと言われています。

地域によっては、「市役所」から案内が届き、「無料」で処分して頂ける場合も有ります。

 

一応の目安として、電気屋さんで冷風機を処分して頂く場合、千円を超えるようでしたら、お住まいの地域にお任せした方が良いと思います。

 

家電4品目に当てはまらない場合

「ウインドファン」「冷風機」「冷風扇」「除湿機」「パッケージエアコン」「天井に吊るタイプのエアコン」「埋込み式エアコン」「業務用エアコン」

また、「リモコン用電池」「ドレンパイプ(別途購入品)」「配管」「パイプ」や「室外機」を置く為の「台」や「屋根」、「取扱説明書」や「保証書」「カタログ」等も当てはまりません。

 

少し難しいですが、全ての「家庭用エアコン」が含まれる訳では無いと言う事です。

 

近所の電気屋さんで冷風機は処分してくれる?

最近では、大手通販サイト等で「エアコン」や「冷風機」を簡単に購入出来るようになりましたが、販売店側に回収して頂けるのは、「同じ販売店から購入した商品」「新規購入した際に不要になった商品」で、この場合は「義務」になっています。

もし、大手通販サイトや他店で新規購入し、不要になったから近所のお店で引き取って処分して貰う事は、「義務」では有りませんので、処分して頂けるかどうかを事前確認しておいた方が良いと思います。

 

冷風機の電気代と、冷風扇・除湿機との違い」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ