冷風扇の廃棄方法と買取の提案、確認が重要

<スポンサーリンク>
冷風扇の廃棄方法と買取の提案、確認が重要

冷風扇の破棄方法は、「お住まいの地域にお任せする」「市役所に任せる」「不要品廃品回収業者にお任せする」「リサイクルショップへ売却する」等の方法が一般的です。

特に冷風扇は、「使ってみると意外と涼しく無かった」と言う方も多く、収納スペースによっては、冷風扇を1年近くしまっておくのが難しいと言う方も居られます。

 

どちらかと言うと場所や使い方によって効果が変わりますので、「合う」「合わない」は出て来てしまいます。

廃棄量に関しては、「無料」「数百円前後」「数千円以上」とバラつきが有り、「お住まいの地域と提携している業者」の方が安くて確実です。

 

また、リサイクルショップに買取して頂ける場合も多いです。

 

お住まいの地域に冷風扇の廃棄をお任せする場合

冷風扇はエアコンとは違い、「リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」適応外ですので、お住まいの地域によっては、回収して頂ける場合も有ります。

ただ、お住まいの地域によっては回収出来ない場合も有りますので、お手数ですが、回覧板や自治体等に確認した頂く必要が有ります。

 

「回覧板」等でも一時期話題になっていましたので、有名な話ですが、「無料廃品回収」は、「回収に関しては無料」と言う場合も多く、自治体や自治体と提携する廃品回収業者よりも高額になってしまう場合も有ります。

もちろん、冷風扇を「完全無料」で回収して廃棄して頂ける業者も存在しますが、正直「人を見て有料か無料か判断している場合が殆ど」です。

 

市役所に冷風扇お廃棄をお任せする場合

この場合は、お住まいの地域の市役所から配布される資料もしくは、お住まいの地域の市役所の公式ホームページで確認して頂く必要が有りますが、市役所によっては、冷風扇等の家電を定期的に回収して頂ける場合も有ります。

 

不要品廃棄回収業者に冷風扇の廃棄をお任せする場合

「折り込みチラシ」や「タウン系の雑誌」「インターネット広告」等で冷風扇等を有料で廃棄して頂けている場合も有ります。

ただ、個人的には「お金を払って廃棄」して頂くよりは、「お金を頂いて買取」して頂いた方が良いとは思います。

 

リサイクルショップに冷風扇の買取をお願いする場合

現在廃棄を考えられている冷風扇が「使用出来る」状態である必要が有りますが、自宅周辺のリサイクルショップに冷風扇を売却する方法も有効的です。

もし、壊れていたり、使用年数が長い、一部不具合が有ったとしても、「ジャンク品」「訳有り」等で買い取って頂ける場合も有ります。

 

もちろん、リサイクルショップが冷風扇を必要としている方が確実で、春から夏にかけての方が買取価格は上がります。

実際に重い冷風扇を運んで買取り出来なければ意味が有りませんので、事前に電話やメール等で確認しておくと確実です。

 

冷風機の処分はリサイクル?一番正しい方法」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ