ビニール傘の捨て方で確実に失敗しない方法

<スポンサーリンク>
ビニール傘の捨て方で確実に失敗しない方法

ビニール傘の捨て方には、「分別」「回収業者」等が一般的で、捨て方とは意味合いが違いますが、「善意の傘」と呼ばれる「寄付」を行う事も可能です。

ビニール傘に限らず、「傘」の不法投棄が問題になってしまっている地域は多く、捨て方を間違えて「回収不可」として放置され、そのまま不法投棄と言う場合も多いと聞きます。

 

また、最近では、正しく処分していたとしても「◯◯費」が発生してしまう場合も多く、今後不法投棄等は増加してしまうので無いか?と言う意見さえあります。

 

ビニール傘の捨て方(分別する場合)

お住まいの地域によって多少異なる場合も有りますが、ビニール傘は「不燃ごみ」に分別されますので、「ゴミ収集カレンダー」「回覧板」に記載されている情報に従う必要が有ります。

お住まいの地域によっては、ビニール傘を「粗大ごみ」として扱われている場合もありますし、「普通ごみ」として扱われている場合もあります。

 

お手数ですが、(「お住まいの地域」「ゴミ」)等でインターネットで検索して頂けると確実と言えば確実です。

基本的に「ビニール」「プラスチック」「金属」ですので、時間と余裕があれば分解しておくのも良いと思います。

 

素手でビニール傘を分解してしまうのは危険ですので、必ず「軍手」等を着用した状態で行って下さい。

ビニール傘の金属部分を包むようにしてビニール部分が付いていますので、カッターナイフ等でビニール部分に切れ込みを入れるか、ハサミ等でビニール部分を切り離し、剥がしてしまうと「金属」「ビニール部分」に別れます。

 

ペンチやニッパーで行うのも一つだと思います。

 

ビニール傘の捨て方(回収)

ボランティア大体等の非営利団体が、ビニール傘以外にも家電や古着等を回収し、寄付や再利用等をしてくれる場合も有ります。

自分では必要にならなかったとしても、世の中には喜んで大切に使ってくれる方も居られますし、私達にとっては微々たる金額であったとしても、救われる方が居られると言う事ですので、本当に素晴らしい取り組みだと思います。

 

ビニール傘の捨て方(善意の傘)

完全に破れていたり、破損してしまっている場合は「迷惑行為」になってしまいますが、駅やお店等には、「善意の傘」として傘の寄付を募る場所も存在します。

「捨てる神あれば拾う神有り」では有りませんが、そのビニール傘がまだ使えるのであれば、誰かに感謝されながら使って頂くのも素敵だと思います。

 

ただ、無い場合も有りますので、無い場合は申し訳有りません。

 

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ